ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

ラーメン店でのできごと

夕食を食べにラーメン屋に入ったら、外側はラーメン屋だったのに(暖簾もかかっていた)中は明らかにラーメン屋じゃない。何故か顔に沢山落書きをされた人たちが、これだけは唯一ラーメン屋らしいテーブルに座っていて、店に入ってきた私を見ていた。
どうやらその店は、確かにラーメン屋ではあるらしい。しかし何故顔にらくがきをしているのかというと、代金の代わりに、何か哀しい事や辛い事があった客が他人の顔に思いっきり落書きをして鬱憤を晴らすという、妙な理由からだった。
まあ、顔に落書きされれば無料でラーメンが食べられるのならそれもいいかと一瞬思ったけれど、やっぱり嫌だから店をでようか、どっちにするべきかと迷っていると、顔にらくがきされた客のうち一人がこっちに向かってくる。
まずい、このままでは問答無用で描かれそうだ。とかなんとか悠長に思っている暇はなく、そいつが手に持っていたのはマジックペンでもクレヨンでもましてや絵の具のついた筆でもなく、刃物。包丁。刺さったら死にそう。それで思いっきり私を狙ってくるものだから、腕でガードする(痛い)再び攻撃される前に蹴り飛ばす。と、相手は無様に仰向けに倒れる。頭蹴っちゃったけど大丈夫だろうか。まあ、正当防衛だろ、多分。他の客は助けてくれるどころか、一人が私に切りかかってかえりうちにされたのを見て、皆して刃物片手に私のほうに向かってくる。
彼氏にフられたとか喚きながら切りかかってくる知らない姉ちゃんを蹴り飛ばしたり、夫が借金を作って夜逃げしたとか叫んでる主婦っぽい人のナイフを刺さる前に手で掴んだり(痛いって)やっぱりその後殴り倒したり、リストラされたと泣きながら向かってくる七三分けのおっさんを足払いしたり。例外なく、顔にはらくがきつき。一体何なんだろうこの店は。

あまりにリアルだったので、起きた後で腕に切り傷がないか思わず確認。