ぬじろぐ

なるべく配布と低レアで頑張るFGO攻略日記とかその他諸々

【映画】トランセンデンス見てきた

人工頭脳研究の第一人者であるウィル博士が反テクノロジー組織に襲われ、死の間際、妻エヴリンの手によって超高性能コンピュータに記憶と知識を移植される…という話。
まあ三文SFの類…かな…見ててダメージ受けるタイプのダメな映画ではないのでまあよし

ブロックノイズ混じりの顔の描写とか、既存の人格を電子化っていうあたりが「あっ、すごくネウロのHALだ…!」と思ったけど、よくよく考えたらテーマは結構違いますね。あっちは完全に人間の春川とHALは別人だという意識を持っていたし。
人工知能ものでも、ゼロから作ったAIは心を持ち得るか?っていう話ではなくて、どちらかというと攻殻機動隊のテーマに近いですね。
人間の記憶をコピーして意識をコンピュータに移植した場合、それは本人といえるのか?それとも同じ記憶を持っただけの別人なのか?
そもそも、人といっていいのか。データをなぞって人間っぽくふるまうだけのプログラムではないのか。心や意識、自我は持ち得るのか。みたいな。

こういうのって大抵、死者は復活しないし記憶を写しても同じ記憶を持った別人(しょせん機械)で、最終的に暴走して人類を滅ぼそうとするオチになるじゃないですか。
マトリックスみたいに人類を支配したり。
でも今作は人間を超えた能力を持ったAIが世界をより良くしようとする話だからちょっと違うんですよね…

実際、話としてはその路線(悪いAIが人類を支配しようとしている!)で進む。
周りの人は「エヴリンはウィルを失った悲しみから正常な判断ができなくなってAIをウィルだと思い込んでる、危険だ!」と思って追いかけてくるし、悪のAI(だと思ってる)を破壊しようとする。
ウィルのデータを持ったエヴリンはどうにか逃げて体制を整えるんだけど、AIがナノマシーンでウィルのクローンを作り始めたあたりで怖くなってきて、これは本当に私の愛した夫なのか?と思い始める。
でも、最終的にこれは暴走した悪のAIではなかった、彼はAIになっても最後まで愛する妻が望んだものを叶えようとしていた…
ってオチを持ってきたところが何気に珍しいパターンじゃないかと思うんですよ。
爆発したりしないから映画自体はなんか地味だけど…AIがやってることも地味だし…終わり方もなんか地味だし。というか「結局何やねんお前」が多い?

なんかえらい評判悪いですが、今年最低のクソ駄作映画、ぶっちぎりのクソとまでいわれてるの見ると、そこまで言うほどのもんか…?って気分になってくるな…
そんな突き抜けたクソ映画ではないぞ 地味なだけで普通にあるレベルだよ

…いや、うん 確かにめっちゃ面白い!!って感じの話ではないな…つまらんと言われればまあそう
なんだろ、「このテーマなら普通そういう路線には行かんよな」というオリジナリティはあるんだけど地味なのよな

マジのクソ映画を後に見たため「これは全然クソってほどではないわ、本物のクソ駄作なめんなよ!!!」という気持ちになった
こういう話はもうちょい設定詰めて小説で読みたいかなぁ。