ぬじろぐ

なるべく配布と低レアで頑張るFGO攻略日記とかその他諸々

劇場版 FFXIV 光のお父さんを見た

アマプラで見た時の感想です。

一応オタクの端くれなんでオンラインゲームとは何ぞや?の知識はあるんですが、FFのオンラインゲーム自体はやったことないです。
光のお父さんについては、そういやネットで日記が話題になったなーという記憶はあって、たしかドラマ版もあるんだっけ?そっちは見てない。

知らない人に説明しておくと、ファイナルファンタジー(FF)シリーズはファミコン時代からあるゲームのシリーズで、ナンバリングされてますがそれぞれに繋がりはないです。
RPGなんで基本1人プレイのゲームだったんですが、オンラインゲーム化したのは11からかな…
んで、お父さんにオンラインゲーのFFをやらせるっていう日記がWEB公開されて話題になったことがあって
本作はそれを脚色して一本のストーリーにしたものですね。
どの程度原作通りなのかな…「お父さんにオンラインゲームをやらせる」「息子が正体を隠してフレンドとしてゲーム内で接触し、アドバイスなどをする」あたりは元ネタ通りだと思うんだけど。


病気が発覚して入院とか、親子関係とか、邦画あるあると言ったらあるある展開なんですけど(この辺はたぶん脚色ですかね)
ちょっといい話じゃん…でなんか映画として普通に見れてしまったな。
まあ、定番の良さってありますしね。水戸黄門みたいな安心感…?
定番やるにしてもうまい下手ってあるし、何がやりたいのかも分かりやすいし、ちゃんと見れる映画になってるあたりは結構良作なのではないかと
初心者を出すことによって、ゲームを知らない人にも「オンラインゲームあるある」みたいなのが説明できたところが、映画として再構築するのにも都合いいし、噛み合ってたんだろうな。
同じくゲームをネタにしたのにバチボコに叩かれたユ〇ストーリーとの違い…何がここまで差を…

ゲームを絡めた話って、ゲームやってないで現実見ろよオタク!みたいな説教臭いテーマ挟んで来がちだけど、今回はゲームやってるのがゲームやらない年配世代のお父さんだし、ゲーム否定があまり無いのがよかったね。
だってファイナルファンタジーって聞いてこの映画見るの、ゲーム好きな人でしょ基本
ド〇クエの映画って聞いて見に行くののド〇クエ好きな人じゃん
そこでゲーム否定されたら「は?」ってなりますよ…
ちょっとオンラインゲー楽しそうだなって思わせる映画になってた時点でそこは成功かなと

「総評:良いFF販促映画」って感じでした。