ぬじろぐ

配布とフレンドに全力で寄りかかるソシャゲ日記

大怪獣のあとしまつ 見てきた

2022/11/30 改訂しました。評価を改めたというわけではなく、単に読みづらかったので…
あと長すぎたので、一切のオブラートを排除したぶっちゃけ感想を別の記事に分けました。

見に行きました

これね、何ヶ月も前から楽しみにしてたんですよ。
タイトルと予告から、空想科学読本みたいな…ジャンルのお約束にツッコミを入れてギャグにするやつだろうと期待していた。
怪獣なら現実の生き物にはない器官が存在してたりして、それによって新たな問題が出てくるだろうし…本人たちは真面目にやってるけどギャグに見えてしまう…みたいなタイプの。
そして、なんと!地元で上映される!(※)期待爆上げである。

こんな普通にやるだけで面白くなりそうな題材なのになぜかTwitterで不穏な評判が流れてくるけど…まあ見てみないことには始まらんし
オタクはクソデカ構文を使いがちだから、実際は言われてるほどじゃない可能性もある。自分で見ないと文句言う権利もない。
と、いつものように例の映画館にノコノコと出向いた私


当日の様子(公開3日目・休日)

誰もいねえ え…?貸し切り?
予約の段階で人がいないのはわかるだろう?と普通の映画館しか知らない人は思うかもしれない。しかし公式ホームページもSNSもない、どのくらい人がいるか、座れるのか満員で追い返されるかも行ってみるまでわからない、それがK山クオリティなのだ。

え、1人で見ないといけないの?公開3日目にしてTwitterであんなに文句言われてる映画を…?こわ…
と思ってたら開始5分前になってもう1人来る。彼も人のいなさにちょっと戸惑っていた。


人のことを心配してる場合ではない。

見てきた直後

※個人的事情であるが、私の地元はまともな映画館がなく、映画が見たいと思っても泣きながら諦める事のほうが多い。そのため「上映される」これだけで大喜びなのだった。
この映画館で上映されるのはコナン、ドラえもんクラスの大衆向け大作枠ばかり。つまり、大怪獣~も大衆向け想定。
コケたとしても邦画あるあるをぶちこまれて「あーあ、題材はよかったのに」になる程度でそこまでヤバいものがお出しされることはないだろう…と踏んでいた。

感想

考えれば考えるほど文句しか出てこないので感想を書くのやめようかとも思ったんですが、今の感情を素直に記録しておくのも後で見返したとき面白いか…と思ったので一応書いておくことにします。

見終わった直後は虚無感でいっぱいで、しょうもねえもん見ちまったな…と思ってたんだけど、一晩寝て起きたらだんだんムカついてきて…なんでこんなにむかつくんだろう…

先にまとめ

良かったところ

ない
と言いたくなるが、頑張って探そう…

  • 低予算感は感じない
  • 俳優の演技はまとも 明らかに棒だったり大根だったりはほぼ無い
  • ダム爆破のプロジェクトマッピングの使い方。ここは辛うじて良かったと言える
  • これを見ておくと大抵の出来の低評価映画が「あれよりマシだな」で許せるようになる

悪かったところ

  • 予告から期待していたものは何もない、仕方ない…それならそうと頭を切り替えて見よう→あまりにもグダグダで無理
  • どうせバカやるならもっとぶっ飛んでいればいいのに、全てが中途半端
  • 基本ずっとスベっていて、説明も足りないから何がしたいのかわからない
  • 登場人物ほぼ全員があまりにバカで不快。周りが馬鹿すぎて相対的に真面目にやってるように見える主人公もよく考えるとかなりバカ寄り。唯一マシなのが棒読みスナイパーの女
  • 一昔前の嫌韓ネット掲示板みたいなパロ入れて風刺気取りの脚本・監督がもう無理になったので、全てが無理になる
  • 誰も思いつかなかった題材・驚愕必至の斬新なオチのようなことを言っているが、題材もオチもまったく斬新ではない
  • 開始5分でオチが見え、「外れてくれ…すべてがクソでもせめて意外なオチを見せてくれ…」と祈りながら見るが最後まで覆されない、がっかりしたところに追い打ちのように「予算半分で続編やります!」やるな
  • せっかく面白くなりそうなテーマをタイトルで出してきたのに、その場その場の下品コントに終始して全然生かせてない
  • ぶっちゃけやりたいのって三角関係でしょ?怪獣の死骸片付けるってお題使わなくていいよね?
  • 数々のパロディが全然おもんない バカにしてます?
  • 滅ぼせこんな人類 守る価値ないよ
  • メインテーマに関係ない意味不明なギャグ、下ネタ、風刺に昇華できてない当てこすりネタとパロディ、不倫、三角関係、その他の不快な描写が多すぎる
  • これを延々2時間は長い 30分ならまだ許せた
  • シリアスをやりたいのか、コメディをやりたいのか、風刺がしたいのか、人間ドラマがやりたいのか、何もかも意味がない虚無の不条理物語をやりたいのか、そこまで含めたブラックなギャグを目指してるのか、これを見た人がたかが映画に本気になっちゃってクソ映画と罵るとこまで行って完成するというコンセプトなのか、「これが監督の持ち味なんですよ〜知らないで観に行くのが悪い(キリッ)」って映画を擁護する人が現れるとこまで行って現代芸術として完成するのか なんも分からん…(宇宙猫)

なんでこうなっちゃったんだろうなぁ~~~~~~~~
ほんとに楽しみにしてたんですよ。タイトル発表時からめちゃめちゃ楽しみにしてたからダメージがでかい。
まあね?私もタイトルから勝手に期待してしまっていたのは認めるよ。
でもさすがにあれはないだろ~~~~~~~(泣いてる)
怪獣の死骸片付けるテーマでSF作家が脚本書いて作り直してくれ~~~~~

シャレで見に行ける範囲でやってて金銭的被害が少なくて済んだと思うしかない。
期待していた映画が糞映画だったショックに新幹線代まで乗っかってきたら辛すぎるから、場末の映画館ですら上映されていたのは、地方民を哀れに思った神のせめてもの慈悲だったのかもしれぬ。

Q.事前に気づかなかったの?

A.前評判でやばそうなことには気づいたけど、いくらなんでもあそこまでと気付ける人、います?


これは期待に見合うものは出てこないかもな…とは思ってたさ。でも、いくら何でもあそこまで不快にさせられるタイプの映画とは思わなかった。
だってTwitterのオタクがクソ映画認定しているトランセンデンスとか、映画としては特に面白くはないけど別に貶すほどクソでもないな…って思って見てたもん。
先に見に行ったオタクたちの反応を本気で受け取らなかったことを反省している。

生き物の死骸を処理する話なのだから、内臓の内容物問題(つまりゲロやうんこ)が出てくることくらいまでは想定していた。想定してたんですよ。
下ネタに敏感な人がうっかり見に行ってうんこの話が出たから怒っていると思われるのが心外。下ネタやるにしてもその方向じゃない。登場人物があまりにも低脳すぎて怒っている。

実は、公開前までは「何か月も前から楽しみにしてた映画だからな~ちょっと遠いけど奮発してちゃんとしたシネコンまで行こうかな~~!」と思ってた。
前から期待してた映画がうんこゲロとは認めたくなかったのだと思う。自分の目で確かめるまでは。

いろいろ言いたいことはありますが全部削りました。
削った分はこっちに置いてあります

まとめ

面白さ:× 観客を不快にさせてくるタイプの映画。途中でうんざりして「まだ終わらないのかな…」となる映画を久々に見た。監督とセンスが合うなら笑えるのかもしれない
「今どきこれ行けると思ったんだ!?」って感じでツッコミ目的なら逆に面白いかも
見ててきつかった描写:ありすぎて列挙していたらそれだけで記事一本書ける。狙ってやってんのか?途中退出する人がいたというのも頷ける。
人に勧めたいか:× 私の言ってることは分かって欲しいから見て欲しいけど、時間と金の無駄だから見てほしくない。これを「面白いよ!」って勧めたら人格を疑われると思うし、家族とお茶の間で見たら気まずさMAXになる。子供に見せたくない映画2022年度堂々の第1位
再視聴:不毛なのでもう見ません

余談

エヴァのJAの件 - min.t (ミント)
min.t まとめ エヴァTVアニメ版とのまさかの共通点に気づいてしまった件。
誰も言及してないんでただの偶然だと思うんですが…だ、誰か突っ込んでくれ

この後ゴジラSPを見たら要素が怪獣以外全て正反対のアニメで変に解像度が高まるなどしたので、たまには評判の悪い映画を見るのも勉強になって良いのかもしれません。
ゴジラSPを見る - min.t (ミント)

後日談:解答編

燃料が投下されたので追記

映画『大怪獣のあとしまつ』プロデューサーを直撃「予想以上に伝わりませんでした」(オリコン)
#Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdf2c10fd34a09bbe54420e55958079376e8e026%20

>たかが映画
まさか本当にその通りだったとはね…

>タイトルがひらがなだからシリアスじゃないってわかるよね
ここが史上最高に意味わからん 勝手に謎ルール作らないでもらえます?あとこっちはシリアスじゃなかったから怒ってるわけじゃない

>ラストの御武運を!は切ないラストシーン
どこが!?!?

まさかここまで開き直って「理解できない観客が悪い」をやってくるとは思わなかったんで心の準備ができてない…
インタビューの一行一行にツッコミ入れたいけどキリないのでやめます。

①スポンサーの要望で下品ギャグ、政治家をバカに描く、不倫恋愛などを入れなくてはならず意図せずクソ映画になってしまった
②「絵に描いたようなクソ邦画とそれを罵倒する観客&擁護するクソ観客」という風刺であり、私がこうやって罵倒を書き連ねているのも、擁護する人が出てくるのも想定内である
③本気で斬新なテーマ&マジで面白いギャグ&ウィットに富みかつ鋭い政治風刺&切ない恋愛もののつもりでやってる

といった具合で何個か解釈のパターンを考えてたけど、一番嫌な予想(③)がほぼ当たってましたね…

追記:
シン・ウルトラマンが公開されてきたので見たら「空想特撮エンタメってのはこうやるんだよ!オラァッ!」って感じで見たかったもの全てやってくれたので若干怒りが和らぎました。

追記:アマプラで配信が始まったようで


だからそういう紹介するのやめなって〜〜〜
「ミッションを完遂できるのか!?」じゃねえんだわ、片付ける気ないくせにそんな紹介するな!
広告で得られる情報から期待するようなものはないんですよ、この映画は。
タイトルや紹介文通りのものを期待して見に行ってしまうとただただ辛い
見てもらえれば私の言ってる意味がわかると思う。でもこんな映画見て欲しくない 私のような呪いを背負ってほしくない