読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

JASRAC管理曲のカバー動画をYoutubeに投稿したら著作権申し立てがきた。

tips web

Youtubeにアップしていたカバー動画に「One or more music publishing rights collecting societies」というところから著作権申し立てが来た。


CD音源やDVDから切り出して投稿するのは違法ですが、YoutubeJASRAC包括契約を結んでおり、その範囲での使用は合法のはず。
件の動画は、オケから全部自分で打ち込んで、ボーカロイドでカバーしてみた動画としてYoutubeにアップしたものです。
CD音源は一切使っていません。
かなり雑()なコピーで、オケなんかメタメタなのによく見つけてくるなあ…原曲名をタイトルに入れてたからでしょうか。

JASRAC管理曲検索で確認してからアップしています。
作品データベース検索サービス

動画投稿(共有)サイトに動画をアップロードする場合のフローチャート
動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 JASRAC

これも全部クリアしてるはず…
もし引っかかってるとしたら「動画の内容が、特定の企業や商品、サービスを宣伝するものではない」でしょうか。
MP3TUBEという動画変換サービスを使ってるので。でも、こういうのも宣伝に入るんだろうか…

めんどくさいから動画ごと消そうかとも思ったんですが、時間あるので調べてみるました。

JASRAC 管理楽曲のカバーに「第三者のコンテンツ」の通知が来たときの正しい対処方法は? Googleフォーラム Youtubeヘルプフォーラム

https://productforums.google.com/forum/#!topic/youtube-ja/l-GwIb1fuew

JASRAC 管理楽曲を独自演奏でカバーした音声に動画をつけて投稿したところ、
「第三者のコンテンツと一致しました。("Matched third party content.")」
という通知を受けました(実は2回経験があります)。
(中略)
私の認識からすると、正しい表現は「この曲は JASRAC 管理楽曲を独自に演奏したものであり、JASRACYouTube との間の包括契約に準拠した使い方なので、合法であるはず」です。

まさにこれです。完全に同じ状況。JASRAC許諾の範囲を守って投稿しているのに申し立てが来るのはよくあることのようです。
リンク先からの拾い読みですが、どうも「One or more music publishing rights collecting societies」というのは複数の権利者から申し立てが来てる場合の表示っぽい?

Youtubeの公式アナウンス

https://support.google.com/youtube/answer/2620262?hl=ja

If you’ve ever received a notice indicating that one of your videos may include copyrighted content administered by "Music Publishing Rights Collecting Society," or “one or more music publishing rights collecting societies,” it means that YouTube's Content ID system identified one or more musical compositions within your video to which a portion of the rights may be administered by a collecting society.

日本語で解説してくれているブログ。
tkcomcom1is.blog58.fc2.com
うーん、複数の管理団体をまとめてそう書いてるってことで間違いはなさそうですね。

対応としては、「意義を申し立てる」 のリンクをクリックして「正当な権利所有者からこのコンテンツを使用するライセンスまたは許可を得ています」を選べば良いとのこと。(JASRACの許諾範囲を守っているので)
これで大抵は数日で解除されるようです。

知恵袋ではJASRACその他複数じゃないか? と言われてますが、JASRACがこれで収益を取ってたら二重取りになるのでは…Youtubeから使用契約料を既に取ってるはずなので。
じゃあJASRACとの包括契約とは一体… って感じになってきて、めんどくさくなったからやっぱり消そう。

ってことで今回は詐欺ではなかったんですが、完全オリジナルの動画をアップしたら詐欺団体から権利主張されたとか、ニコニコ動画にオリジナル曲をアップしていたらYoutubeに転載されて、需要があるならと本人がYoutubeにアップしたら転載者が権利を主張しだして申し立てされた、なんて話もあったのであんまり油断はできませんね…
自分のオリジナル曲もニコニコからYoutubeに転載されてるし、ちょっと確認してこようと思った一件でした。

追記:一応対応はしてみる

こっちから申し立てし返したらどうなるんだろう?(大抵は解除されるらしいけど)ってことでやってみました。

異議申し立ての理由の欄にこんな感じで入力

JASRACYouTube との間の包括契約に準拠しています。
音源は全て私が打ち込んだものであり、CD音源は一切使用していません。

下の方のチェック欄

私は上記の申し立てが誤認に基づいており、上述の理由により、自分の動画にそのコンテンツを使用するのに必要な権利を所有していると確信しています。私は故意に虚偽の陳述を行ってはおらず、この異議申し立て手続きを乱用して他者の権利を侵害しようという意図もありません。また、不正な異議申し立てを行うと YouTube アカウントが削除されることを理解しています。
私は、申し立てを行ったユーザーが私の異議申し立てを審査するために私の動画を視聴できるようになることを理解しています。

と、すごい脅されますが、何もルール違反はしてないし、別に消されても困りはしないのでチェックを入れる。

送信して、数日かかるんだろうなーと思って数時間後に見たらもう申し立てされていますの表示が消えてました。前情報だと2日位かかるとあったのでそのくらいは覚悟してたんですが…早い。
ちゃんと確認されてるんでしょうか、それともアップした本人が「これCD音源じゃないですよ!」と自己申告したらほぼ自動的に解除されるのか…

結論

特にやましい事がないなら申し立て返しを送っておいたほうが良さそうです。大した手間もかかりませんしね。
演奏してみたのクオリティが高すぎて音声ミュートされてしまった場合も、申し立てすればちゃんと解除してもらえるようです。

Youtubeでは、カバーではなくオリジナル曲なのに削除されたとか、何も曲を使っていないのにミュートされたとかいう事案が多いようです。自動認識で機械的にミュート・公開停止を行っていたり、申し立てが来てとりあえず公開停止、というシステムのようです。
なので、こっちからも申し立てし返せば公開停止を取り消させることもできるのですが…
カバー動画をアップしていて何か変なところから申し立てが来たら、グレーゾーンだからしょうがないと諦めてしまったり、完全にオリジナルの曲でも反論するのが面倒だからと対応をせず放置してしまう人、多いですよね。
絶対に勝てるとはいえないし、大した手間ではないとはいえこちらの言い分が嘘だと判断されてしまうとアカウント停止のリスクも有るため、「ルールを守って投稿しているなら申し立てし返すべき!」とはいえないのですが、個人的には横取り業者がのさばるのを防ぐためにもできるだけ戦う姿勢を見せてほしいと思います。
詐欺と同じで、向こうは戦う姿勢を見せる相手にはあっさり引いたりしますので。