読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

見るときは続けて見る

なーんかまた中途半端だなぁ…

学校のシステムが変わり、全寮制になったので引っ越すことになった。とはいってもその寮、家賃が安いだけでご飯は出ないらしい。そんなの寮といえるのか。はっきりいって家賃だけの問題なら、多少金がかかっても一人のアパートに住んでいるほうが余程気が楽なのだけれど。

寮の部屋は広く、でも新しくはなくといったところ。3人部屋で、昔行った事がある山の中の貸し別荘みたいな感じだった。ダイニングテーブルの置いてある居間と、その気になればバーベキューくらいは出来そうなベランダと、3畳くらいの廊下、3人分の寝室。寮にしては豪華すぎるが、飯は自分で作らねばならない。ここが一番の問題点。

大体、その寮に行きつくまでに時間がかかった。学校の場所が変わってしまったので、そちらに行くのに迷い、更に寮に辿りつくまでに迷い、着いたのは夜で、まともにルームメイトとの顔合わせもしないまま寝てしまった。そして起きて廊下に出てみたら、何故かそこに布団が敷いてある。何事かと思って居間に行ってみると、その布団の主と思われる人物がココアを飲んでいた。髪は短く、背も高くない。寧ろ低い。それが、朝っぱらから陰惨なニュースを垂れ流すテレビを眺めながら無表情でココアを啜っている。こちらに気づくと、おはようございますと、予想通り抑揚のない挨拶。挨拶を返して、なんで廊下で寝てるのと聞くと、淡々と

「廊下じゃないと寝られないんです」

あ、そう。

そのまままた彼女はココアとニュースに戻る。マイペースな性格らしい。私には、そのほうがかえってありがたい。

3人部屋のはずだからもう一人いるはずなのに、そいつはなかなか出て来ない。しかも明らかにルームメイトじゃない奴らがベランダで焼肉してる。今日は土曜で学校も休みだから暫くは居座るだろう。引越しをするなら荷物を運ばなければならないから、一旦あのアパートに帰らなくてはならないし、飯が出ないなら食料もどこかで調達してこなければならない。