ぬじろぐ

メモです。

【FGO】2019バレンタイン高難易度(別パターン追記)

いつもの


後ろにいる本:こいつを倒さないと紫式部にダメージが通らない。倒すとチャージが3つくらい増える
前にいる本:場にいる限り紫式部の回復量を増やす。倒された時に攻撃upバフと無敵貫通を付与

紫式部本人は自己チャージ、1ターンの強化無効が厄介。

本を長いこと放置していると勝手に死んでチャージを増やしたり無敵貫通をつけたりするのでノータッチもいかん。倒すと女性魅了。地味に嫌な効果だ

配布星4軍団で倒したけど、うーん…やたら苦労してしまった…
なんか戦略を間違ってる気がしてならない。もっといい感じに勝てると思うんだが。


簡単に終わらせるならこんな感じ
スカディ がフレ枠

1ターン目:金時のQカードが配られることを祈る。金時にNPをチャージしてQバフを盛る。スカディのスキルは全部使っておく。アーラシュの宝具→金時の宝具→金時Qの順にカードを選ぶ。紫式部が金時を攻撃してくれることを祈る
2ターン目:金時の宝具を撃つ。NPが足りなかったらマシュで補充する。
おわり。

スカディ、孔明のどちらかを自前で用意できるならお祈りは不要。

映画 刀剣乱舞を見てきた

見てきました。ので、忘れないうちにメモ。
最近Huluで韓流ドラマばかり見ている母を道連れにしようと「イケメンがたくさん出る映画だよ」と誘ってみたのですが、イケメンでも180以上の高身長でないとダメ、SF・ファンタジー要素ダメ、特撮ダメ、少女漫画みたいな恋愛要素なしダメ、と全く釣れませんでした。
チッ( ΦωΦ)、
ええそうです。女性向けゲームとなっておりますが、刀剣乱舞はいわゆる女性向けとされる恋愛などの要素が全くないんですよね…
女性向けな部分が「多種多様なイケメンが出てくる」以外無い…

ちなみに本編前のCMで気になった翔んで埼玉も誘ってみたけど「ギャグは見ない」とすげなく断られた(何だったら見るんだよ)ので1人で見に行きます…話が逸れた。

前知識

ゲームの刀剣乱舞はサービス開始の初期の初期に少しだけやってました。
キャラクターのボイスが一言二言あるくらいでシナリオらしいシナリオがないゲームなので、長く続けられなくてやめてしまった…という経緯があります。ダメ審神者ですまん…
ですので、初期実装キャラクターと基本的なゲームシステムくらいしか理解してません。
その後の動向はツイッターでフォローしてる範囲で交わされる会話からざっくり把握してる程度。

特撮は完全に素人。子供の頃に人並みに見てた程度ですね…ジャンパーソン、ブルースワットが好きでした(今回の話には関係ないです)

映画は、元々2.5次元にあまり興味がなかったので最初はフーン映画化するんだー(でも見に行くのめんどくさいな…*1)と思ってたのですが、ツイッターの反応から脚本が特撮界隈で良い話を書くことで有名な人*2らしいぞという事と、「どうせファンなら何でも見るから原作の雰囲気に合わなくても売り出し中のアイドル出しとけ」的なテキトーなこと*3をしないであろうという信用があったので見に行ってみることに。

見ました

想像していたよりすごく良かったし、想像していたより特撮だった…
そして話が面白かった。なんか普通に楽しんでしまった…原作にそこまで思い入れないのがかえって良かったのかな。

すごい、ストーリーがちゃんとしている…

いえ、「原作ゲームはシナリオらしいシナリオがないのに映画はストーリーがある、それだけですごい」という意味ではなく、原作知らなくても楽しめるだろうな、と思えるくらい物語としてしっかり作られてたと思います。
特にファンというわけでもないのにノベライズを買おうか迷ってるレベル…
歴史上の超有名な事件を題材にすることで初見の人も入りやすい、かつ歴史改変SFとして展開に驚きもあり、伏線がしっかり回収される…そして歴史を見てきた日本刀の付喪神が主人公という設定だからこそ説得力がある展開…
なるほど、脚本の人の名前を聞いた時点でみんながザワザワしたわけだ。

っていうか、こういうの本編でやってよ…そしたら続けてたよ…(その後FGOにはまった人間です)でもかえって濃いシナリオがないからいろんなメディア展開ができて、解釈違いが地雷な人も安心してゲーム続けてっとこともあるんだろうしな…うーん。まあここで言ってもどうにもならん話だ。

「原作ゲームの実写化」ではないんですよね。厳密には。原作ゲームはマジでストーリーがないゲームなんで、ゲームを下敷きにしたほぼ新作というか…バトルシップみたいな…いや、原作ゲームがTRPGのルルブ…?

出だしからクライマックス。

第一印象、NHK大河ドラマとニチアサ特撮の融合って感じですね。
舞台や歴史上の人物が出てくると大河ドラマなんだけど、刀剣男士がメインのシーンや戦闘シーンはかなり特撮ヒーローものっぽい。
殺陣についても詳しいことはよくわからないけどかなり頑張ってた印象を受けました。
敵も味方の刀剣勢も、キャラクターに合った動きをしてたのが良かった。そうそう、大太刀って原作のゲームシステムでは敵をまとめて薙ぎ払う攻撃ができるんですよねえ。そういう細かいところが再現されてる演出で、原作知ってる人が「おっ」と思えるポイントが多かったと思う。
私はあまり熱心な原作プレイヤーではないのでその程度ですが、原作ファンはもっと嬉しいだろうなあ。

初見の人にもわかりやすい

私、舞台とか全く知らないし、ほんと基本的なことくらいしか知らないんですが、キャラの見分けがつかなくならない!というのは大事だと思う(ほんと大事)
よくね、見分けつかなくなるんですよ…特に顔のいい女や顔のいい男が何人も出てきたりするとさ…海外の映画でもよく見分けつかなくなる…でも特撮ヒーローもの的な感じで色とかサイズがきちんと分かれてたから、戦闘で目まぐるしく動き回ってても「ん?これ誰だ?」ってならない。

こんのすけが狛犬にアレンジされててキャラクターとしては出てこなかったり、遠征組の出番が最後の全員集合シーン以外なくて少し残念だったけど、映画としては多分その方がいいんだろうと思う。あんまりたくさんキャラが出てくると説明過多になって混乱しますからね。

原作ファンをとにかく喜ばせたいならチラッとでも顔出ししてゲームのセリフを喋らせる*4方がウケは良さそうだけど、あえてそうしないで本編に必要なキャラだけに絞ったあたりにプロ意識を感じる。

あー、うん。思い返してみれば、ゲームのセリフを映画の中ではほとんど言わないんですよ。原作が少し決め台詞ボイスと掛け合いがあるだけで妄想で補完するタイプのゲームなのに、それをそのまま持ってこない。だけどちゃんとそのキャラになってる。

映画冒頭の説明があまりにもニチアサの特撮ヒーローものでフフッとなった。あの説明方法、優秀なんだなあ。

キャラクターをかなり原作に寄せてる

やっぱり二次元からの実写化っていうと、全然イメージ違う感じになってたり、次元の壁があるじゃないですか。
作る側もその辺を軽視してるのがあからさまだったりで萎えることがあるんですが、最近の女性向け2.5次元(舞台化が多いのかな?)では原作のイメージを壊さないことにかなり力を入れてるらしく…
今回主人公ポジションの三日月宗近は古い刀で若者の見た目だけど中身は年寄りという設定なので、声優さんも結構特徴のある喋り方で演じてるんですね。それを実写化となると当然別人がやることになる訳ですが、映画を見ててもほとんど違和感ありませんでした。
その他諸々、作ってる側も完全にわかってる人たちだ、という信頼感がすごかった。

あとさあ…あの、私の気のせいだったらアレなんですけど、カメラワーク、やたら薬研の足を映しに来てない…?気のせい……?気のせいじゃないよね……足…
長谷部がすごく長谷部だ。

とにかく、こういう実写化ばかりだったら…実写化に対する不信感は募らなかっただろうに…ううっ( _ΦωΦ)_

織田信長はここでも織田信長

織田信長…でしたね…(遠い目)
いえ、直前にFGO織田信長からチョコをもらっていたもので…織田信長はどこでも織田信長
役者さんの力あってのことだとは思うのですが。刀剣男士&時間遡行軍という特撮集団と歴史上の人物&モブ兵士という大河ドラマ集団、チグハグにならないのだろうか…?と思いきやそもそも織田信長がかなりのキワモノで、変な柄のマント*5羽織ってても「そういう人」として世間に認知されてるから誰も文句言わないし、特撮と大河ドラマの間に織田信長がいることによって感覚が狂ってどうでもよくなるという…第六天魔王すげえ…
これ冗談で書いてたんですけど、割とマジなのでは…?史実の信長は舶来品のマントや毛皮をコレクションしてたらしいし、大河でも普通にマント着用で出てくるよね…

あと豊臣秀吉の、野心に目覚めてしまった男の狂気というか…なんかそういう感じの演技も…すごかったね…
歴史上の人物パートにはベテラン俳優を持ってくるという所に本気を感じる。

例のアレ(ストーリーネタバレあり)

敵に洗脳されてた無銘の画面が割れて自分の名前を思い出す…って完全に特撮ヒーローものの文脈で胸熱ですね…!
刀剣乱舞は初期勢しか知らないんで、知らない名前だけど後から実装されたキャラなのかなーと思ってたらまだゲームの方でも実装されてないんですね。これは原作ファンへのサプライズってところなんでしょうか。
まあ、ここで知ってるキャラが出てきたら正体が判明するところでの驚きも減ってしまうからなぁ…でも、このキャラについてはもうちょっと説明がほしかったかも。なんで洗脳されて敵側にいたのか、とか…
途中で光秀の刀を見て正気を取り戻しかけたあたりで、正体の予想はついてしまうんですけどね。正体判明のところでちょっと唐突感があったのは否めない。
敵を倒すと何故か味方キャラがドロップするっていうのはゲーム内でも特に説明がないので謎な部分なんですが、それに対する1つの解釈と見ることもできるけど。

そのうち逆輸入的にゲームの方に実装されるのかな?なんて思ったり。

*1:近所に上映館がなく、映画を見に行くのも一苦労なのです

*2:特撮ほんと素人なので全くわからん…けど、「小林脚本はクオリティには圧倒的信頼があるけど推しが死ぬのでは」と心配している人を見かけるあたり、特撮界の虚淵みたいな概念なのだろうか…?

*3:二次元原作をドラマ化されるなんていうとこういうことがあるので、完全に信用できなくなっているオタクである

*4:艦これのアニメはまさにこのスタイルで、やたらとゲームのセリフを喋らせるのでセリフが浮いていた…

*5:実家のカーテンって言われてて、見たらほんとにカーテンみたいな柄だった

【FGO】プリズマ☆イリヤ コラボイベ(復刻)高難易度

無課金編成攻略を目指すいつものやつです。
とりあえずフレの星5に頼らない(けど配布には頼りまくる)編成だけ

プリズマ☆ファミリー



旧版の高難易度だもん、そこまで警戒することはなかったね…ラッシュだと思い込んでてすごい対策してた…割には間違って槍ニキにイベント礼装付けてるあたりが間抜け。

最初はイリヤの無敵対策にBBちゃんを入れようとしてましたが、強化を全部解除できるメディアの方がいいじゃん。ってことでメディアさんになりました。
snの面子が3人いることに特に他意はない(ほんとに後から気づいた)

イリヤ用とアタッカーとして後ろに坂本さんが控えてましたが出番なしのまま終わってしまった。
イベント礼装にこだわらずアタッカーには無敵貫通礼装持たせた方がいいと思う。エミヤの癖が悪すぎる…

プリズマ☆ライブ!



ここでもやたら生き残ってしまう槍ニキ…クロエを片付けたら落ちてもよかったんですが。
結局美遊も片付けてイリヤのゲージが1つ削れるくらいまで生き残ってましたね…

【FGO】閻魔亭繁盛記 高難易度攻略(フレ以外配布)+追記に別編成あり

いつものアレ。フレだけ借りれば配布で出来そうな感じのやつです。(星5礼装入れてるから厳密には無課金編成ではない)
世の中にはWダビデお米システムとかで完全低レア無課金クリアする猛者もいるらしいが、残念なことに俵を育ててない&ロビンをまともに運用したこともないマスターゆえ…ダビデ調達するのもそこそ難易度高いしね…(いいわけ)

礼装は各自好きなのを使ってくれ…あ、マスター礼装はカルデア戦闘服で。
紅閻魔のゲージ割った時後ろから肉盾を出す必要があるので…


マーリンを1年ぶりくらいに借りた。
心の安寧のためにアンデルセンを入れてたけど、あまり意味なかった。肉盾をもう1人増やした方がいいかもしれない。
マーリンとマシュにダビデまで揃えておけばまず猿には負けないので、3匹を倒さないようにHPギリギリまで削ります。
後ろから紅閻魔が出てきたら速攻で残りのサルを倒す


すごい時間かかるって聞いたから100ターンクラスを覚悟してたんだけど、そうでもなかったね…
最初にマシュ・アンデルセン・ジャンヌでも行ってみましたが、ジャンヌはともかくマシュとアンデルセンが落ちやすい。
マーリン・ダビデの方が適役だと思います。
ダビデ有能。またダビデに頼ってしまった…


ダビデは宝具に必中、とアルテラサンタは無敵貫通を持っているので紅閻魔が回避を使っても大丈夫。
今回も無事…いやマーリンに屈したからあまり心は無事じゃないけど…一応縛りの範囲内でクリア(ΦωΦ)

一応猿で耐久しないパターンも考えてたんだけどね
ダビデが!フレンドに出てこない!
普通イベントでボーナスも付いてないのにダビデ借りませんもんね…そうだよね

追記

1/10 フレにダビデ出してもらったのでできました。

はいこちら。礼装を変更、Wダビデ体制です。
俵を半端にしか育ててなくてお米食べろシステムできないんだ…
ダビデ自体が固いのに加え、今回は紅閻魔がスキルで回復してくれるのでHP回復手段が乏しくても意外に保ちます。
猿は護法少女の魔性特攻と宝具と殴りでなるべく早く片付けます。
Q担当は獣特攻スキルを育ててあるならプロトニキの方が適任かな?
マスター礼装はデフォルトのやつ
サルを片付ける頃には前衛は全部落ちて後ろ三人が出てくるので、オーダーチェンジは不要です。

マシュで隠れてるけど、この猿がしぶっとい…!!
経過はともかく、ゲージ一本破壊のタイミングまでこの3人が生き残ってればほぼ勝ち確定と言ってもいいと思う。
回避不可の宝具はマシュに受けてもらいます

>>ダビデ<<

〜完〜

2018年総決算

オタクの記録というか、今年何やってたんだっけ…っていうまとめ。
摂取してしばらく頭がおかしくなったコンテンツを列挙しておく…と、きっと未来の私が見返した時楽しい。

3月

FGO ホワイトデーイベント

アーサーが毎日話しかけてくる…これのせいで職場の同僚がアーサーの夢男になってしまった。
櫻井孝宏に振り回される一年の始まりである

グラブル どうして空は蒼いのか2 開催

先立って「どうして空は蒼いのか」が復刻。
連続して摂取したためしばらく頭がおかしかった。ルシオを何としても天井せねばと貯石が始まる

4月

パシフィック・リム アップライジン

地元映画館で上映されないため遠征。

名探偵コナン劇場版 ゼロの執行人

たしかグラブルでもこれに絡めたコラボをやってて連撃で殴る事しか考えてない安室さんが配布された。
どいつもこいつも頭がおかしい

5月

ゴジラ 決戦機動増殖都市

左右から諏訪部と櫻井にサンドイッチされる映画。そりゃハルオもウワァァァァァーー!ってなるわ。頭がおかしくならないわけがない
パンフが怪しい色にテカテカしていてかっこいい
あとヴァルチャーをスパロボに出してほしい

6月

グラブル

天井分の石が貯まり、早く回させろ…フェスはまだか…と気が気でない日が続いていた。ルシオは天井でゲット。
…天井早くね?前から石貯めてたのかな、自分…

7月

はたらく細胞

を見ていた。とても心が平和になるアニメだ。ここには櫻井孝宏がいな…いn… いる…!石田彰までいる…!う、ウワァァァァァ!
だが、たまにしか出てこないのでセーフ。
原作は1巻しか読んでないが知らないまま見てもいいかと思い見続ける。
やけに声優が豪華なアニメであった。人気あったし2期希望。

10月

グラブル 期間限定ハロウィン

サンダルフォンの突然の自虐にお通夜ムードとなる
早くどうして空は蒼いのか3をやってくれ…と望むも、5周年が来るまではやらない。現実は無情

11月

ゴジラ 星を喰う者

アニメゴジラ3作目。高濃度の櫻井孝宏を浴びた結果、無事死亡。
映画館から帰ってきてから記憶を上書きするためにシルバニアファミリー公式動画をリピートする羽目になる(余計悪化してる気がしないでもない)

‪第3話 みんなの憧れ 街のすてきなカップル【公式】シルバニアファミリー ミニストーリー シーズン2
https://youtu.be/H4FjBp0OZUI

間違ってパンフを2冊買っている事に気づく。
櫻井孝宏ォ…!!(逆恨み)

12月

メギド

滑り込みメギド。開始五分で村を焼かれる事に困惑しつつ新人ソロモンとして旅に出る。その直後、イベントで重大なネタバレを食らう。
まあそれはいいさ、うん…大した事じゃない。

ちょいちょいツッコミどころがあるイベントシナリオがよくTLに現れるが、戦闘システムとかキャラ別ストーリーとか超良いしめっちゃ面白いのでみんなやってほしい…!

【FGO】2018クリスマス タッグマッチ攻略(高難易度追記)

攻略ってほどでもないんですが…意外に勝てなくて諦めちゃう人がいるようなので、勿体無すぎるし、なんか誰でもできるような編成を…→フレは自由に使えるんだよな…→じゃあいっそ自前枠はマシュor今回配布のケツァルコアトルだけ縛りを実践してみよう!
という感じで。
いつもはフレを縛ってるのですが、今回はタッグマッチで特殊ルールが適用されてるので、フレの縛りは無しで行きます。

いやマジ全体宝具殴ルーラー宝具5を諦めるのはもったいなすぎるから…!!!

今のところ行けてますが、無理めだったら過去の配布鯖や低レアも含めた攻略に切り替えます。←12/19 決勝戦まで終了。大丈夫でした。

とはいえイベントで2人制限してくるくらいだから、そこまで難易度上げてこないはずなんだよ…たぶん…おそらく…

第1試合

(スクショなし)
水着スカサハ /ふーやーちゃん(フレ)
初日は「イベント戦だし余裕やろ〜」と何も考えずに行ってしまったのでマシュじゃないです、ごめん。
一応水着師匠なので配布です…ボコボコ殴るだけで勝てたので、マシュに取り替えても問題ないでしょう

第2試合


マシュ/柳生さん
A主体同士なので普通に相性いいです
マシュには欠片などのスター供給礼装をつけたいところ。今後ずっとそれです。アタッカーの礼装はなんでもいいです。特効で攻撃力2倍になってる時点でかなり強いので。
マシュのスキル、宝具でダメージをカットしつつ戦います。柳生さんのスキル3でダメージを抑えるのもアリ。併用するとかなり軽症で済みます
ヘクトールおじさんの全体宝具とスキルが鬱陶しいので先に倒しました。
バーサーカーの宝具は単体なのでマシュのスキルで防げる。

第3試合


マシュ/通常マルタさん
エジソンバニヤンバニヤンを先に倒したんだっけかな…
特殊ルールはQを使わなければいいだけなので問題ないですね。Q宝具以外のアタッカーを選ぶという点だけ気をつければOK
タラスク、すごい存在主張してくるようになりましたね…やはりマシュで守ってアタッカーで殴るだけです
マルタさんは騎なので何もせずとも星を吸います

第4試合


マシュ/水着マルタ
将を射んと欲すれば先ず馬を射よ
つまり、まず馬を殺れ。
運が良ければふーやーちゃんとカーミラの宝具が同時に来てマシュのスキルでまとめて受けられますが、十中八九はカーミラが吸血を使ってタイミングがずれるのでマスター礼装でスタンさせられるようにしといたほうがよかった(反省)
うっかりマルタさんが落ちてしまって最後はマシュで殴りましたが、1ターンでゲージ1本削れるじゃないか。
この辺で、「もしかしてマシュで殴ってもいいのでは…?特効ついてるし」と気づく。

もっと簡単に勝ちたいなら、カレスコつけたアナスタシアをフレに置いてもらって宝具2連打すればいいかと。

第5試合


マシュ/柳生さん
第2試合でもやってる組み合わせなので…向こうの組み合わせも同じ槍と狂。ジャガーの方がチャージが短いので、まずジャガーから倒す。
なんかすごいあっさり勝ったから記憶が薄い
バサランテは単体宝具なのでマシュで問題なく防げます。
ちなみに今更ですが、マスター礼装はほぼデフォルトのやつ使ってる

6試合目

マシュ/水着マルタ

どっちから倒すのがいいんでしょうねえ。どっちか片方のゲージを割ると、アナスタシアに2回無敵、ツァーリに無敵貫通がつくのでツァーリが先かな。
理想は宝具前に両方倒してしまう…だけど間に合わなくても致命的ではない。
アナスタシアは宝具前にスキルで無敵貫通をつけてきますが、ルーラーマルタにマシュのスキルと宝具をかければ余裕で耐えます。
あとはボコるだけですね。はい。

勝戦

進行度1は3ターン経過で自動終了。
進行度2が本番ですが、ここはゲストのブラダマンテを入れると歴代サンタからの支援で毎ターン回復などがついた模様…
なのですが、気づかないで普通に戦って勝ってしまったのでその模様だけ載せておきます

フレンドのエドモンとマシュです
…(ΦωΦ)
…( ΦωΦ)
(ΦωΦ)>>先に言ってよ<<

高難易度クエス

おまけ。無課金高難易度(礼装は除く)
とはいえ凸カレスコは使いません。持ってねえからな!(虚数は使う)

今回はボーナス鯖を使えば簡単。
ケツ姉には無敵貫通礼装が必須。アルテラサンタは自前で無敵貫通スキルを持つのでなくてOK。

BBのスキルで弱体解除、ケツ姉でクリ殴りしつつNP貯めて宝具
前3人が吹っ飛ぶとメフィストが出てきて強化無効をつけられるのでマスター礼装でケツ姉の弱体を解除
マシュのスキルとアルテラサンタのスキルでケツ姉にNPを補充、自分でも殴ってNPをためる
ドレイクの無敵貫通が危険なので宝具を撃たれる前に宝具を撃つ(ケツ姉&アーラシュ)
その頃にはいい感じにアルテラサンタもNPがたまってるので無敵貫通スキルを使ってメイヴちゃんに宝具。
槍ニキは出てきただけです。

もっと…もっと低レアで行けるはずだ!礼装も過去イベントで配布されたものメインで!と行ってみたけど惜しいところでダメだった例(アーラシュ2人の時点で結構ひどい気もしますが)

アーラシュを片方特攻単体宝具にすれば勝ててた。
上の例のBBちゃんは主に弱体解除のためにいるので、メディアに入れ替えても問題ありません。CCCイベ不参加で持ってない人はこっちでどうぞ…というか、ルールブレイカーで敵のバフを解除できるのでBBよりも適役かもしれないくらいだ。


高難易度は何回でも挑戦できるので、遠慮しない編成例も。


戦法としては大差ありません。
とにかく特攻乗ったケツァルコアトルに殴ってもらうだけです

【FGO】編成とかなんかいろいろ

需要がある模様なので、編成の話とかぐだぐだ
あとオルテナウスと和解した気がする話

オルテナウス

今までどう使えばいいのかよく分からないまま入れてたんだけど、3章でようやく和解した…気がする…
特に3章では敵のクリティカルアタックがヤベエ!でもhit数が多くてNPがめっちゃ貯まる!って感じだったので以下のような使い方をしてました。

  • 1ターン耐えられる無敵礼装または回避付与(マスタースキル等←今回は戦闘始まって最初の数ターンは使わせてくれないとかいういやらしいシステムでしたね…)にしたマシュがスキル2のタゲ集中を使う
  • 2ターン目はスキル3のタゲ集中+無敵を使う
  • NPが貯まるので宝具を撃つ
  • バフによりちょっと固い肉盾になるのでその後も落ちるまで頑張る

「オルテナウスはタゲ集中が2個ある」
これが割と重大な違いのような気がする。

今回アタッカー(特にエウリュアレなどの低レア高火力アタッカー)が宝具を撃つ間もなく即死してしまう、という声を結構聞いたんだけど、最低2ターンは時間を稼げる。
でもこれだとスキル1がイマイチ生かせなくてですね…オルテナウスを盾として使うかサブアタッカーにするか問題はあまり解決してない。

アンデルセン

「うちのマーリン、なんか子安の声がするんですけど…」( ФωФ)(ФωФ )それ先生や
(ΦωΦ)えっ…回復もクリティカルバフもできるし、実質マーリンだよね?(マーリン未召喚マスター特有の妄想)

耐久によく使うので、HPが増えると安定感が増す。という理由で聖杯を入れてLv80にしている。攻撃力はまあ…あんまり期待してない。

アンデルセンは生き残ってどんどん宝具回してもらってなんぼなので、どうしても死を免れない敵相手の肉盾戦法、短期決戦の時は基本的に入れてない。タゲ集中もってないし。宝具もリジェネだし。

相方候補

マシュ

定番。というか基本…というか アンデルセンは誰かと組ませないとあまり力を発揮しない
というのも宝具のバフが確率だから…!
アンデルセンとマシュの宝具を重ねがけすればかなりのダメージを防げる。アンデルセン1人では心もとない。
巨大霊みたいな特殊な場合のみ、アンデルセン単騎で行けちゃうとか稀にあるけどな

スキル1と3で星を出してクリバフつけて3ターンでさよならする運用なら全然噛み合わないパーティーにマシュなしでつっこんでも仕事はしそうだけど、あまりやらないよね…

メディアリリィ

メディアリリィの被回復量増加スキル、回復量30%アップの絆礼装(まだ持ってないけど)を併用するとすごい量のHPが回復し続ける。
あと、アンデルセンがカバーできない状態異常の問題が完全に解決する。
星4交換のキャンペーンで推してた理由が他の追随を許さぬ回復力と弱体対処能力だ…!(ФωФ)

よくやる編成

マシュ/アンデルセン/任意のアタッカー(A宝具が望ましい)

汎用性が高い組み合わせ。
ランスロット、柳生さんなど
蘭陵王も回しやすいと思うけど、彼は見た感じサポート特化って感じだから火力が不足するかな…

マシュ/アンデルセン/メディアリリィ、アイリ、玉藻などの全体回復持ち

たくさん回復されて死なないけど誰も攻撃しないため敵もなかなか死なない編成
よく欠片礼装を付けてるのだけれど、クリティカル攻撃のダメージではなくNPを貯めるために付けていることが多い。
敵の宝具で即死しない程度のダメージ量の時にこれでダラダラ戦う

マシュ/アンデルセン/ダビデ

>>ダビデ<<
スカディでも似たような感じになる
敵の全体宝具に必中・無敵貫通が付いていない時はこれで延々戦える。
必中が付いている時はマシュ/メディアリリィ/アイリまたは不夜キャスにして、全体ガッツで生き返って即回復するという手を考えたのだが、実験してない。
ジャンヌ、マーリンを入れるともはやなんのゲームやってるのかわからない感じになる

アンデルセン/メディアリリィ/任意のアタッカー

敵の攻撃(宝具)で一撃で死ぬことはないけど、たくさんデバフを付けてきてめんどくさい…という時に有用。今回の空想樹みたいな敵ね。
最近は嫌なバフを付けてくる敵が増えたからね…(ФωФ)

回復しつつ耐久するか、肉盾戦法かを決める基準

・敵の通常攻撃が即死級じゃないか。
・敵の宝具がマシュ、アンデルセンの宝具重ねがけ、全体回避等で防げる範囲であるか。
魔神柱、巨大霊などの全体攻撃をしてくるが一撃は重くないタイプの敵。
→耐久戦法
マシュ/アンデルセン/ダビデ

高レアを使うならダビデの代わりにマーリンかジャンヌ
これで固める場合は100ターン戦い続ける覚悟をする。戦闘の緊張感はもはや皆無

・敵のクリティカルアタックで即死しやすい
・単体の無敵貫通宝具等、食らったら死ぬしかない攻撃がある
・男である
アガルタのメガロスなどがこれ。
→魅了やスタンで極力行動を阻害し、宝具を遅延させる戦法
我が家ではマシュ/エウリュアレ/BBが定番。
エウリュアレ/ステンノ/メドゥーサ(槍)/マタ・ハリ/玉藻などがよく見る完封パ

・クリティカルアタックで即死しやすい
・敵が槍、または男ではない。
・スタンや魅了に耐性を持っている
・単体宝具で威力が高く防御バフでは防ぐのが難しい
始皇帝がこのパターンに当たる。
→タゲ集中を持つ肉盾を消費しながら高レアアタッカーがガンガン攻撃する戦法。複数人で殴るより、1人が集中的に攻撃して後のメンバーはサポートに徹した方が効率が良かったりする。アタッカーさえ生き残ればいい。スピードが命
ジャンヌオルタ、オルタニキなど(フレンド)/マシュ/レオニダス/ゲオルギウス/弁慶/看板娘礼装をつけた任意の鯖(アヴィケブロン先生がいい)
って感じ

ギミックが適用されるときはその都度違うので、最近はもうこの通りにはいかないけど…
ギル祭の高難易度も参照
http://huzisato.hateblo.jp/entry/2018/09/20/232910