読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

祭囃し編

感想

そういえば、魅音だけL5発症していないんですよね。
もしかしたら綿流し編の展開になった場合、詩音ではなく魅音が事件を起こしている場合もあるのかもしれないし、物語として描写されなかっただけで、膨大な繰り返しの中にはあるのかもしれないけど。
魅音だけ発症したことがないという話、本文中に出てたかなぁ…

仮に魅音だけは一度も発症していないとしたら、それは何故なんでしょう。
当主として、園崎家のブラフを知っていたから?双子の詩音が発症しているのだから、血筋という理由はないし。
発症には性格や考え方がかなり影響するみたいなので、魅音が大人だったってことでしょうかね。

  • 圭一に人形をもらえなかった事を詩音に話している
  • 落ち込んだときは、レナが相談に乗って立ち直っている
  • 「短絡的な考え方がダメ」と本人が言っている

以上、言われて見れば確かに、発症しないためのフラグを実践してるんですよ。
あと、アンチにKYといわれまくってるあたりも、好意的にみれば「空気を読みすぎてストレスを溜めることがない」になりま
短絡的な思考に走らず、誰かに相談する。
一時の衝動で突っ走らず冷静になる。
抱え込んでストレスを溜めない。
皮肉な事に、相談した事が詩音の発症フラグになってしまったわけですが…

てゆーか、アンチには時期当主の癖に何もしないとか空気読めないとかすごいいわれてますけど、実際に権力があるわけでもなく(まだ中学生ですよ…?)自分の立場やできることを弁えてるだけじゃないかと思うのですが。

広告を非表示にする