ぬじろぐ

配布とフレンドに全力で寄りかかるソシャゲ日記

悪意のドミノが発生する夢

夢の中で、私は今までに何が起きたかと、次に起こることを知っている。
1回目、女の子は近寄ってきた男に包丁で刺されて殺されて、
2回目、女の子は近寄ってきた男が包丁で女の子を刺そうとしていることを知っている若い女の人に首を絞められ、
3回目、女の子は若い女の人が女の子の首を絞めることを知っていて親切面して近づいてきたおばさんに財布を盗られて階段から突き落とされ、
4回目、私は女の子がおばさんに財布を盗られて階段から突き落とされることを知っていたので、女の子に近寄って、小声であのおばさんは危ないよと教えてあげた。
そして女の子と一緒に建物の入り口の方まで歩いてきて、ほんの少しだけ距離をとった。
この後入り口から黒い服を着たライフルを持った数人の男が入ってきて女の子を撃ち殺すことが分かっていたから。

数秒後、私の目の前で女の子は頭を打ちぬかれて死に、私は運良く難を逃れた無関係の人のふりをして警察が来て捕まえてくれるのを待っていた。
けれど、男たちが帰り支度をはじめても警察は現れず、誰も私がわざと女の子が打たれるまで放っておいたとは気づかない。
建物の中にいる他の人たちは何事もなかったかのようにそのままだし、男たちはとうとう帰ろうとしている。
警察が私を捕まえるはずはない。
だから、私も家に帰ることにした。