ぬじろぐ

メモです。

【グラブル】自分用のまとめ(歴史)

後付けの設定が多そうだし整合性とか考えるだけ無駄な気もするけど、一応自分用のまとめ。

グラブル世界の歴史

70200年前

この頃は、人類はすごい科学文明を持っていたらしい。
この時代の回想にはヒューマン以外の種族が出てこない

  • この頃人間は地上に住んでいた?(創世神話と異なる一説では元々人間は底の世界に住んでいたが、やがて住めない地になってしまい、パンデモニウムを建造し空の世界に移り住んだのではと言われている*1
  • 人類が壊獣の脅威にさらされる
  • 壊獣に対抗するためロボミが作られる
  • 壊獣との戦いに人類側が勝利し、ロボミ機能停止
    • この頃の遺跡が空の島から発掘されている
    • ロボミの息子(ケンジ)が自身を電子化、ロボミの再起動を待つ

約2万年前

  • 月の民の遺跡が作られる

7000年前

  • 機神セスラカの修理が終わる(つまりそれ以前に壊れるような何かがあった)
  • 古代文明の技術は空の世界から失われている*2

創世より前~創世

  • 創世以前は無だけがあったとされる。
    • どの時期に入るのかが確定できない。古代文明が存在しているので、この時系列だとすると無ではないはずなのだが…
  • かつて、無だけがあり、飛来した力あるもの(創世神)によって大地が作られた
    • これ以降がグラブルの現在の(空に島が浮いている)世界になる?
  • すべてが一つであった時代*4=今のように小さい島々に分かれていなかった?
  • 創世神はその身を二つに引き裂かれ、半身がこの世界を飛び去った後赤き地平が生まれた
    • 創世神の片方=始原の竜バハムート?

公式からの引用:伝承によれば、かつて《創世神》は世界を形作り4種族には叡智を与えたが、4種族はさらなる知を求めて反発し、これに失望した《創世神》は大地を宙に放ったまま世界を去ったという。

500~数千年前

この辺の時期の設定も話によってバラバラのような…
星の民が空の世界を占領してかなりやりたい放題した時代。

約1000年前

  • エルステ王国は星の民と交流があった
  • エルステ王国がゴーレム技術で栄えるが、覇空戦争においてゴーレムは技術の差もあり役に立たなかった模様
  • カリオストロは既に存在しているはず
  • ユエル、ソシエ、コウの先祖が治めていた王国が滅びる

約500~1000年前

  • 星の民と空の民の戦争「覇空戦争」が起こる
  • 星の民、戦争用星晶獣を量産

時期不詳

  • 戦争終結、星の民はイスタルシアへ引き上げる
  • エルステ国王に星の民の末裔であるオーキスの父親が就任

十数年~三十年前?

  • 主人公の父親がビィ、ロゼッタ、その他の仲間とともに旅をしていた
  • 父親が主人公、ビィをザンクティンゼルに残し、星の島イスタルシアへ向かう
  • ビィにはザンクティンゼル以前の記憶がない
  • エルステ王国がエルステ帝国となる

現在

  • 主人公、ビィ ルリアと出会い旅立つ
  • この時主人公が死にかけたことで「大いなる咆哮」が発生、パンデモニウムの封印が一部解ける
  • ロゼッタ加入
  • ルシオ、主人公と出会い「ルシオ」を名乗りだす
  • 「どうして空は蒼いのか2」事件
    • バブさん(ベルゼバブ)頑張って空の底から登ってくる。ルシファーの遺産が目的
    • ベルゼバブルシフェルが殺される
    • 天司長の役割がサンダルフォンに引き継がれる
    • ルシファーの遺産が復活するが主人公たちによって倒される
    • 二対のルシファーの遺産のうち「白」は失われたが「黒」はベルゼバブが回収

この辺は多分3で回収される

*1:パンデモニウムの記述

*2:ゴーレムの技術が星の民と比べてだいぶ劣っていた(後述)との描写があるため。ロボミや機神を作った技術があれば星の民には劣っていなかったはず

*3:ルシオエピで世界の始まりの光景を「私の記憶」といって主人公に見せているため

*4:ルシオエピより

*5:覇空戦争前、星の民の占領時代に自立管理機構として作られた星晶獣をこう呼ぶ

*6:どうして空は蒼いのか2「現世で何千年になる」

*7:ルシオエピより、「かつて空の彼方より飛来し、この世界を支配した星の人々により落とされしもの」

*8:どうして空は蒼いのかで「星の民が造った封印施設」の記述あり