ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

FEifの感想など

たまにはブログらしいことを書こう、ということでいくつかプレイしたゲームについて感想を書くことにしました。
ちょい辛口評価ありなので注意。

今回はこれ。
www.nintendo.co.jp
暗夜、白夜、透魔の順で一通りはクリア済みです。

私、FEは暗黒竜と光の剣がクリアできてなくて中途半端、FE聖戦を一番やりこんでてその後しばらく離れて、FEifで戻ってきたってタイプなので最近のFEについてはよく知りません。

良かった点

戦略ゲームとして

戦闘マップのギミックやバランスが良かったと思う。
特に暗夜サイドは安易に経験値稼ぎができない*1ため計画的に育成する必要があり、戦略ゲームとしては歯ごたえのあるものになっていたと思う。

曲が好みのものが多かった。完全に主観ですが、割と重要。サントラ買いました。
すごい曲数入ってるんですね…こんなにあったんだ、とびっくりするくらい。中にはあんまり印象にない曲もあるんですが…
章ごとにマップ曲があるわけではないので、どの曲があの章で使われてた、って印象は薄くなってしまうんですよね。

良いとも悪いとも言えないが個人的に微妙な点

スキル継承が自由

通信で実質スキルを誰にでも継承でき、クラスチェンジもかなり自由なこと。
スキル、クラスというキャラと結びついた個性がなくなるのはFEとしてはどうなんだろうと。
FEHでも同様の問題が発生すると思っているのですが、それはまた別の機会に。

恋愛システム

キャラ同士をくっつけて子供にスキルと成長値を継承させるのはFE聖戦からあったシステムなんで、そこについては今更どうこうって事はないのですが。
が。

頭ナデナデで好感度が上がるシステムは誰得なんだ…!
一回試して「うわぁ…」となったので二度とやらなかった…
主人公と結婚相手が支援Sになるときの愛の告白も「無理…こっち見んな…」ってなって毎回スキップしてたり。
乙女ゲーとかギャルゲーみたいな、主人公=プレイヤー視点で楽しむ系のコンテンツは自分に向いてないようです。

悪かった点

売り方に不満がある。

白夜、暗夜は個別で購入しなければならずどちらもバッドエンドのすっきりしない終わり方。
伏線すごい張ってあって全然回収されないまま終わる。
伏線が回収されるトゥルーエンド…の透魔は後日配信で、有料ダウンロードコンテンツ扱いなのでまた別に購入しなければいけない。
白夜、暗夜、透魔すべてのルートをやらないと全貌が見えない作りなら、最初から一つのパッケージに収めてほしかった。

キャラクターの一貫性のなさ、シナリオの粗さが気になる。

先に暗夜をやってしまったせいなのか、白夜の印象が薄い…
シナリオが唐突で意味不明な個所が結構ある。キャラクターの行動についても同じ。
ガロン王がかつてはまともだったみたいなことを言われるんですけど、そういう描写が全く無いので実感全然ないし。
アクアがいきなり敵陣のど真ん中に捨てられてて白夜の兄妹は何やってんだよってツッコミを入れざるを得なかったり。

3つやらないと話がわからない作りなら1つのパッケージに収めて売ってくれと前の項目で書いたけど、実は透魔までやっても謎がすべてスッキリするわけではない。さらなるダウンロードコンテンツがある。
しかも結構重要な話がそこで明かされる。
いい加減これで残った謎も解決するかと思いきや、余計謎が増える。

キャラについては、ルートによって多少性格が違うくらいならまあ、立場が変われば対応が変わるのもしょうがないかなと思うんですけど。
同じルート内で矛盾するのはちょっとどうにかしてほしい…
情報共有ができてないまま別人が書いてるか、書いた本人が前の設定を忘れてるかのどっちかなのかなあ、と思うような描写がちょいちょいあるんですよね。

どうもね、聞いた話によると支援会話部分は外注で作ってるらしいんですよね。
作業の分担が発生するのは仕方ないと思いますが、監修を入れるとかである程度統一してほしかったなあ。

追記:
実際別人が、しかもFEをよく知らないまま書いてたらしく、どおりで…という感じでした。
シナリオについては整合性とか時系列どうなってるのかとか、細かいこと気にしたら負け。

主人公のキャラ造形

上の項目と被る部分ですが、主人公のキャラ造形がなぁ…
基本アクアの言いなりだし、お人好しで済まないだろレベルのお花畑で、周囲がちやほやして持ち上げるのがなんかこう…

これ、サモンナイト3以降でも鼻についてきた部分で…それでも3まではギリギリ許せなくもなかったんだけど、それ以降システムも別物な感じになってきて「あっ これもう私は楽しめないシリーズになってしまったんだ」と思ってやる気なくしましたもんね…キャラデザインが黒星さんじゃなかったらもっと早くやめてた。
敵を味方につけていく系の戦略モノだと、こういうキャラ付けにしてしまいがちなんですかね。

サモンナイトといえば、あれも4~5で「いきなり知らないキャラがかなり重要そうな場面で出て来るが何も説明がない」「ゲーム本編だけやっても結局何だったのか分からない」があったなあ。

考察

主人公、アクアのデザインについて

批判スレで「王族なのに裸足ってどうなの」とかなり言われてたので、こういう見方もあるよと思いついたことを。

これは意図してのキャラデザかどうかは分かからないんだけど、「裸足」というのは宗教的モチーフとして意味があるようです。
断罪されるキリストの像や絵では裸足の姿が頻繁に出てくる。
ソースがどこかよくわからないけど、中世の魔女伝承によく見られる特徴だとかいう話もあったり。
あるいは、シンデレラ。彼女は魔法が解けた後靴を片方落としてしまい、裸足で逃走するわけです。
っていう深読みをすると、主人公とアクアが共に裸足なのは何か意味があるような気がしてくるのですが、はてさて。
参考:http://suwa3.web.fc2.com/enkan/minwa/cinderella/column.html

*1:追加コンテンツ購入でできるようになってしまうので、自己縛りが必要になりますが