読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

シン・ゴジラを見てきた【途中までネタバレなし】

感想 映画

※レビューじゃないです。ただ語りたいだけ。あまり纏まってません。
途中まではネタバレなしです。

8/1に見に行きました。地元の映画館で、例によって親父と一緒です。
レイトショーで見に行くと入場料が1000円になるうえ、親父と一緒にいくと入場料を払ってもらえるのです(親の脛肉おいしいです)
さすが田舎の映画館、公開されて間もないのに人が居ないぜ…こないだのインデペンデンス・デイ リサージェンスもそうだった。

親父(非ヲタ。アメリカのSF、スターウォーズみたいなのが好き。パシフィック・リムの評価はいまいち)の感想

いまいち。スケールが小さい。アメリカの映画のほうがいい。話の筋が単純すぎる。
【ネタバレのため白黒反転】最初に出てきたやつを倒しにゴジラが出てくるのかと思った。【ここまで】

藤里(ぬるいおたく。エヴァは見ている、特撮には特に興味ない。パシフィック・リムは面白かった)の感想

面白かった。ゴジラが怖い。
メインは群像劇だと思う。
エヴァ巨神兵を見ておくと色々と嬉しい演出がある。
自衛隊格好いい。

私が面白いって言ったやつ全部親父はイマイチって言うんですよね…根本的に趣味が違うのであろう…

まだ見てない人への紹介。

一言で言ってしまうと、ストーリーは日本がエヴァなしで使徒と戦う話。
でもテーマは多分全然違う。

主役とその周りがヒロイックに巨悪を倒す物語ではない。
無能な政府、役立たずの自衛隊がこてんぱんにやられるのを期待している人は見ないほうが良いと思う*1
それから、怪獣VS怪獣を期待してる人には応えられない。

ポスターの「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」はまさにその通り。
世界観間違ってるチートな存在に、諦めずに立ち向かう人間を描いてる映画だから。

無人在来線爆弾とか頭悪そう(褒めてる)なパワーワードを面白がれる人は見に行ったほうがいい。
でもこういう所拾って面白がれるのは、私がオタクだからなのかもなあ。

余計な恋愛描写はない。*2
おっさんパラダイス。役に立たないヒロインは出てこない。*3引き立て役の無能も居ない。こういう非日常ものだとよく、自分勝手なことをして因果応報的に死んで、観客に「ざまぁwww」と言われる役がいるんですが、そういうヘイトを集めるキャラがいない。*4


政府の対応がメインで、一般庶民はほとんど出てこない。
会議シーンが多いけれどテンポが良くて面白い。濃ゆい。
「ほら感動しろよ」的なお涙頂戴シーンはない。ひたすら普通の人が頑張る姿が描かれる。(政治家や官僚の彼らだって、虚構じみたチートな存在ではなくあくまで普通の人間だ)
だから地味なシーンは地味。官僚の仕事は多方面との調整や法整備だから当たり前なのだけど、その地味な頑張りと組織として団結することで巨大な敵にも立ち向かえるというのはジャンプで言う努力・友情・勝利的で熱い。
感動したい人はしてもいい。私はした。

こんな感じですかね。ネタバレ無しで語るの難しいな!


※以下、おもいっきりネタバレしてます。まだ見てない人は注意!!

『シン・ゴジラ』予告2

『シン・ゴジラ』ZIP独占取材!庵野監督のこだわり演出・歩き方・肌色・質感…初代に近づけたい!

シリアスなのになんか笑う

事前に漏れ聞こえてくる情報から「なるほど、エヴァなしで使徒と戦う感じなのね」と思っていたら、想像していた以上に使徒。ゴジラがとにかくチート。
最初からいきなり緊迫感のあるシーンが続くのに、政治家のやり取りがコントみたいでフフッとなってしまう。
その後もどんどんシリアスになるが、やっぱり笑うシーンじゃないののフフッとなる。
「やったか!?」という台詞で思わず「フラグ立てんなwwwww」と言いそうになる。
会議パートについては、岡本喜八の「日本のいちばん長い日」という政治ドラマとの共通点、オマージュが指摘されているのでそのうち見たい。
エヴァ序のラミエル戦もっかい見たくなった。

海外(特にアメリカ)が「核使おうぜwwww」と言ってくるのは想定内でしたが、日本側はあくまで核は使いたくないし、ギリギリまで粘って回避しようとするところが信念を感じる。
インデペンデンス・デイ リサージェンスを1週間ほど前に見てたから、その対比が印象的だった。
インデペンデンス・デイのほうでもアメリカは「核使おうぜwwwwそれで終わるだろwwwww」って感じだったんですよね。
ほんと、アメリカは核を強い爆弾くらいにしか考えてないと思う…

ゴジラは怖かった

私、国産ゴジラ見たこと無いんですよね。この前のハリウッド版ゴジラ(ムートーVSゴジラ)は見ました。
で、なんとなく「最初に人類を害する怪獣が出てきて、ゴジラはちょっと町壊したりするけど最終的には人類の敵になってる怪獣を倒して海に去っていく」的なイメージがあったんですよ。
Wikipediaを見るとゴジラ2作目以降のイメージなのかな。
とにかくあまりに有名で、特撮に興味なくてもキャラクターとしてのゴジラを知らない人はほとんど居ない。
まず、それがぶっ壊される。

めっちゃ怖い。なにこれ怖い。生物ぽくない。使徒じゃん(2回目)

作中世界でゴジラが初めて出現したという設定なので、もちろん登場人物はゴジラなんてものが存在するとは知らない。
でも観客は「ゴジラってこういうものでしょ」という知識がある。
そのギャップがなくなり、「なんだこれ!こんな生き物知らないぞ!?」という同じ目線になれる。
この演出は良かったと思う。

目的が分からん。気持ち悪い。放射性物質目当てに原発に向かうわけでもない。
絶対東京破壊するマン。人間を殺すために生まれたんじゃないかって感じ。
だってあの対空ビーム、何に対抗するためにあんな進化したんですか。縄張り争いするような体格の相手を想定してないでしょ。
どう考えても空飛んで攻撃しに来る航空機とかヘリを想定してるでしょ。

放射性物質と人間の業から生まれた人類の敵。
そういう意味では、原点回帰というやつなのかな。

親父の「最初に出てきたのと戦うんだと思ってた」というのも、2作目以降の「ゴジラVS怪獣」のイメージなんでしょうね。
私は全然前情報ない状態で見ていて、ゴジラ第何形態とか全然知らなかったんですが(結果的に知らなくてよかったと思う)
庵野監督だからなーこれがゴジラなんだろうなー変形するんでしょ?いつになったら直立歩行するの?って思いながら見てました。

オマージュとパロディ

曲について

シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

エヴァでお馴染みのあの曲とかあの曲とかが流れるので、台詞に集中できないという事態に陥る。
サントラ買おうかなあ。全曲試聴できます。
音質とか…音源がモノラルっぽい感じがしたし…オマージュで特撮怪獣映画の曲そのまま使ってたりするのかな…それとも地元の映画館の設備が古くてモノラルになっちゃってんのかな…と思って映画見てたんですが、いまAmazonの曲目リスト見たらオマージュですね。
あとは、エヴァでお馴染みのあの曲がいろんなアレンジでひたすら流れる。
トラック16の、巨災対アレンジが好きです。
白状すると、宇宙大戦争の曲、ずっとエヴァの曲だと思い込んでました・・・名前は聞いたことあったんですけどね・・・

画面

画面も、エヴァを思い出すところが幾つもあった。ゴジラの口から光線でビルがスパスパ切られるところ。
ゴジラのしっぽが町の上空を通り過ぎていく所は「巨神兵東京に現わる

ヤシ◯◯作戦

ヤシオリ作戦はヤシマ作戦エヴァ)のセルフパロディなんですかね…?
作戦内容からしてヤシオリ=ヤマタノオロチ退治に用いた八塩折の酒がモチーフなのでしょう。*5
でも、横倒しになったゴジラの口に建設機械で薬剤を流し入れてるのはなんかシュール。
関係ないけど、見た目はキングギドラのほうがヤマタノオロチに似てますねw

メッセージ

序盤の会議シーンでは皮肉めいた部分が結構多かった感じ。
お役所の結論ありきの話し合いとか、想定外の事態に弱いところとか、法がないと何も決められないところとか、伝言ゲームでいちいち回りくどいところとか。
楽観視して墓穴を掘るところとか。
ああ~~日本ってそういうとこあるよね…っていうのがつめ込まれている。

台詞をみると、ストレートに伝えたい事を言っていると思う。
(こういうのナショナリズムだっていって気に食わない人たちも多いのだろうが)

全編にわたってのメッセージは、やはり日本復興への応援という所ではないかなー。
ゴジラは生物であり、台風や地震のような自然災害ではないから対抗できる、という意味の台詞があって。
序盤の、ボートや漁船が川を遡ってくる様子、瓦礫やら何やらが入り混じった濁流が町の坂道をせり上がってくる画面、以前見た津波の映像そっくり。

どんなに絶望的でもこの国を見捨てない。日本はまだまだやれる。
スクラップ&ビルドでのし上がってきたんだ。

こういう台詞が随所に出てくる。
現実はそううまくいかないって分かってるけど、物語の中でくらい100%前向きで馬鹿みたいに熱い台詞聞きたいんですよ。
やっぱりこういうのは心に響きます。

この国で好きを貫くのは難しい。私は好きにした。君たちも好きにしろ

これも何度も出てきた台詞。
よくここまで突っ込んで好き勝手やったものをを公開できたな、大丈夫なのか?というニヤニヤが止まらなかったので、好きにやったなwと。

無人在来線爆弾とかいうパワーワード

ネーミングのインパクトが強すぎて忘れそうになるけど、あるものは道具もコネも全部使う、このなりふり構わなさが最高。
そして、いつも破壊されるだけの電車がゴジラに一矢報いた瞬間でもある。
おたく心の盛り上がりがやばい。
特殊建機第◯小隊、もやばい。こういうの超好き。
今回のゴジラが象徴するものは東日本大震災なので、最終的に建設機械で鎮圧するのは成程なっとく。
確かに、天災からの復興や原発事故収束に必要なのはミサイルや核爆弾ではなく、ポンプ車やクレーン車ですよね。
電車も建設機械も、非日常側の存在ではなく日常を頑張る人たちを表しているのだと思う。
非日常を打倒するのは日常というメッセージがここにも込められている…
…というのはやっぱり深読みし過ぎかもしれない。
だって無人在来線爆弾のテロップが面白すぎてですね…これやりたかっただけという線も捨てきれない…

そして残る謎

行方不明の牧教授は結局どうなったの?

「私は好きにした。君たちも好きにしろ」の台詞を残した張本人である牧教授。
結局最後まで謎のまま。で、ラストでゴジラのしっぽから人間の手のような形のものがいくつも発生しかかっている映像が出て終わる。
あれは、牧教授がゴジラに取り込まれていることを意味してるんじゃないかな、というのが自分の想像。
肺魚みたいな気持ち悪い生き物から急速に二足歩行へ進化してるし。なんで神奈川に上陸しといてわざわざ東京に向かうのか、対人間に特化した進化をしたのか。
ハリウッドゴジラのように地球のバランスをとる存在というわけでもなく、ただひたすら人間に対しての存在という感じするところも。
人間を試すとか、誰がそんなことをするのかと言ったら、神とか大いなる意思とか言われても日本人的にはピンとこないし、やはり人間の意思が絡んでいるのだと思う。

東京の人こそ見るべき映画。

具体的な地名、路線名がバンバン出てくる。土地勘のある人なら「あーあのへんね」とすぐに分かる。
これ東京に住んでいたらもっと怖かっただろう。
あー福島にいてよかった、福島はゴジラ来ないもんね。

*1:そういう理由で批判してる人をTwitterで見かけたため

*2:もちろん物語によっては必要な恋愛描写はあると思うのだけれど、「女は恋愛描写ないと見ないだろう」というような理由でねじ込まれた場合はやはり不要だと思う。そういうのが今回はなかったため、イライラせずに済んだ

*3:これも恋愛描写と同様。

*4:有能さを引き立たせるために無能を配置する、ゴジラを強く見せるために政府を無能に、自衛隊を噛ませ役として役立たずに描くという手法は使われていない。ここが良かった。

*5:八塩折=ヤシホオリとも読みます。