読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

「火星の人」を読んだ(オデッセイを見たので追記)

感想 読んだもの記録 映画

2/5に映画が公開された「オデッセイ」です。
なろう内政モノの火星版だの、DASH村火星出張版だのと聞いて興味を惹かれたので、映画を見に行く前に原作を読みました。

火星の人

火星の人

SFなら親父も読むかなと思って紙の本を買おうとしてたけど、近所の本屋に行っても置いてなかったので電子書籍で…

一応「なろう内政モノ」を知らない人のために説明しておきます。
「なろう」は「小説家になろう」というオリジナル小説投稿SNSのこと。「内政モノ」というのは、そこでよくある物語のパターンです。何らかの理由で現代人が中世ファンタジー風の異世界にトリップしてしまい、現代の知識をフル活用して政治や経済の分野で無双、みたいな。でもって、手始めに農業をやろうって話になった際によく使われる農作物がジャガイモなわけです。

オデッセイ(原題「火星の人」)は、まさにこのパターン。運悪く火星に置いてけぼりにされてしまった主人公(ワトニー)が、知識をフル活用してどうにか芋を育て、水を作り、次の火星探査チームが来るまで生き残ろうと頑張る。
「ジャガイモ育てる?どこから?土壌づくりから?」だし、ソーラーカーを手作りし始めた辺りで「あっこれ鉄腕DASH以外の何物でもないわ」と確信しました。
水なし、酸素なし、食べ物は芋。音楽は70年台のディスコしかない。つらい。(でもこのディスコはきっと映画でいい役割を果たしてくれるんだろうなあと期待している。)

かなり絶望的な状況だし、ハードSFなので小難しい科学の話も多いのですが、できるだけ噛み砕いて専門知識がなくても何をしようとしてるのかくらいは分かるようになってます。
何より、主人公がとにかく前向き。こいつ馬鹿なんじゃないか?とすら思える。おかげでシリアスな話なのにコメディタッチになっている。
まあ、オタクの間で「バカ」って褒め言葉なとこありますからね。苦労してようやく地球と交信できるとなった時、
NASA「これ全世界に放送されてるから言動に気をつけろよ」
ワトニー「みてみて~ おっぱい→(・Y・)」
とか送ってくるやつが主人公なのだから大体わかるでしょう。そんな感じです。

原作小説は大部分がワトニーの日記形式で進行します。読んでて気づいたのは、ワトニーがストレスで眠れなくなったり、飯が喉を通らなくなったりという描写が無いことなんですよ。毎日のように難題がふっかかってくるし、高確率で死ぬ状況なのに「やべーな、いい方法思いつかなかったら死ぬな。まあ、今日はとりあえず寝よう」で済ます。こういう図太さは極限状態で生き延びるのに大事な要素なのだろうなと。
あと、芋とガムテープは宇宙でも強い。なろうでの定番便利アイテム、芋の次はガムテープが来ると思う(きません)

今日、レイトショーで映画を見に行く予定なので帰ってきたら映画版の感想を追記します。

見てきたので追記。

公開2日目なのに客の入りは3分の2ほど。まあ、田舎の映画館なんてこんなもんです。
内容としては、原作のダイジェスト版みたいな感じでしょうか。流石に数々のバカなエピソードは削られてますが、シリアスにもなり過ぎず、非常に前向きな映画で素直に見られると思います。あと、うんこ成分は最小限。原作のワトニーはかなり口が悪いのだが、これも最小限。まあ仕方ない。天下のハリウッド映画であまりシモの話ばかりするのもまずいだろう、多分。
やはり映像の利点は、ハブだのローバーだの上昇機だの、言葉で説明されただけではいまいち想像がつかないものが分かりやすくなるところですね。
にしても、よくこんな火星らしい場所見つけてきたなあ。ローバーは農業用の車を改造して、実際に砂漠を走らせたらしい(公式youtubeで話が聞けるのでぜひ)