読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

077 宗教

考える人に100のお題

日本人はやれ無宗教だの宗教アレルギーだの言われる割に、これは宗教じゃないですよーという顔をしてやってくるカルトにコロッと騙されたりするので、宗教を信じる気はなくてもある程度知識として知っておく必要はあるのかなと。
それはそうとして、私は日本人が無宗教というのは嘘だと思ってます。
生活に同化してしまっていて、戒律なんかも無いし。
入信する儀式もなければ、改宗の儀式があるわけでもない。神道と他の宗教を一緒に信じちゃダメというのも無い。
この辺がよくわからんので、「日本人は1億人、なのに神道が8000万人、仏教徒が8000万人いるらしい」みたいなのがエスニックジョークになるわけです。

あと、海外でよく言われる「日本人は無宗教なのになぜ道徳教育ができるのか?」というやつ。
これ、日本人の感覚からすると不思議ですよね。
日本人からすると、特定の宗教を信仰してません、神様?うーん、信じてないけど、いたら面白いね。正月は神社に行くしお守りを捨てるのは何となく抵抗があるし、葬式は寺か神社でやるよ。お地蔵様の頭をサッカーボールにする?うわー、なんか罰当たりそうで怖い。本気で信じてるわけじゃないけどさあ。というユルい感じで「無宗教です」と言ってしまうのだけど、海外、特にイスラム圏では非人間の畜生扱いでビザが下りないという事もあるらしく。
無宗教=道徳教育をされてない、何をしでかすかわからん危険人物扱い、神の存在を理解できない=人間じゃない、動物扱いってこと。もしくは共産主義者扱い。(共産主義は宗教を排除しているため)
こういう傾向はイスラムやアメリカあたりが強くて、ヨーロッパあたりでもケルトなど多神教が残っている地域では、日本的無宗教(特に信じてる宗教はないよ、神様は否定しないけど)や、無神論者(神様なんて存在しないよ)もわりといるみたいですね。

昔は、道徳、知識全ては宗教のものだったことも関係あるんでしょうね。
学のない人に勉強の必要性を教えるのは難しいし、一般人に道徳を教えるのにも、神様の名前を出すのが一番わかりやすかった。
天文学も数学も哲学も文学も、昔はみんな神を理解するための勉強だった。更に昔なら星の動きを観測して暦を作り、農作物を育てる時期を知らせる等の役割とともに、知識が代々の神官に伝えられてきたんでしょう。

広告を非表示にする