ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

日記

今日の飯は昨日の豚汁の残りにうどんをぶちこんだだけなので省略。

コミティアに行けなくて手に入らなかった中世職業本は昨日届いた。思ったのより2回りくらいでかい!分厚い!そして参考文献がすごい!
これを個人で作れてしまうんだからすごい。
http://instagram.com/p/wA2uslC3Lg/
きたー└┤´д`├┘ってか思ってたのよりふた回りくらいでかい…!


今日は雨が降ってたけど、区役所に行って国保の発行をしてもらってきた。
耳鼻科に通わないといけないので、早め早めに。
あっさり出してもらえるもんなんですね。国民健康保険証。
身分証明用に持っていった普通自動車免許証も、住所変更してなくて実家のほうになってたんだけど、なんかOKらしい。いいのか。
でも、会社で入ってた健康保険のほうも裏に手書き(しかも私の汚い字)で住所が書いてあったくらいだから、本人確認さえできれば住所はわりとどうでもいいのかもしれない。
思ったより早く終わったから、ついでに住民票も貰ってきた。こっちは色々と使う用事がある。

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

読んだ。ノーマークでした。
短編連作で、寝ると記憶がリセットされてしまう探偵と、何かと事件に巻き込まれる青年…
…という組み合わせのラノベ的ではありますがわりと正統派な探偵物です。
西尾さんというと戯言とか化物語が有名で、そういうのを期待すると本作は大人しいという印象になるのかなーと思うのだけど、前に…何だったかな。短編を読んだことがあって、「あ、なんだこの人普通の小説書けるじゃん」って思ったんですよね。
っていうのもある意味失礼なのかもしれませんが。
むしろこっちが本来の持ち味なのでは、と思ったくらいです。
そういうことがあったので、西尾さんがこういう普通の探偵モノを出してくるのは意外!とは思わなかったのですが、うまくまとまっている分、いつものようなぶっ飛び加減は無いです。
事件そのものも猟奇殺人とか殺人鬼とか出てこないし、失せ物探しやちょっとした犯人探しの範疇で比較的おとなしめ。(なにしろ今日子さんが寝てしまう前に1日で解決しなければならないので)
でも、こういうのは好きです。安定した面白さがある。
続刊出るのかな、出たら買うと思う。

広告を非表示にする