読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

除霊についてのなんやかんや

オカルト 創作のネタになりそうな話 考えたこと

蝉丸Pの一連のtweetを見てふと考えたのでメモ。
除霊の方法って私が聞いたことあるものだと

  • 部屋をきれいにする(霊が出た時の対処というよりは予防)
  • 塩をまく
  • 線香、お経、お守り、お札など信仰に頼る
  • ファブリーズ
  • バルサ

このあたりなんですが、
掃除しろよっていうのは日本の神道的な考え方っすなー。これは昔からあります。
汚れた所には穢れた存在が寄って来るってことですね。
ファブリーズはその延長かなと思ってました。あれは奇麗にしているわけではなく、においを消してるだけですが…気分的には浄化されたような感じになるかなーと…でもそしたらアルコール除菌とかのほうが効きそうですもんね。
バルサンはなんか違うような気もしますが…虫と同じ扱いなのか。実体がないのだから効かないと思うんですが…
煙が出る=お線香と同じ扱い?
霊駆除用バルサンって、GS美神に出てましたよね。

  • 裸になる、変な動きをするなど。霊は予測のつかないことが苦手
  • びっくりするほどユートピア
  • エロビデオなども有効

以上は場を清めるとは真逆のような気がする…
こういうのが効くっていうのは、「霊も元は人間だから変なことされたら怖いだろう」と考えるべきなのか、それとも性器を露出することで生命力を高めてるっていうこれまた日本古来の考え方を受け継いでるとみるべきなのか。
アマテラスを岩戸から引っ張り出したときの例が後者に当てはまりますかな。

かと思えば、銭湯やエロビデオ撮影場所には霊の目撃例が多いという話もあり。
まあ、これも「霊も元は人間だから」の考え方で「生きてる人間から見えないのをいいことにエロ目当てで見に来ている霊」って解釈なんだろうなあ。

余談

霊とは何ぞやという話は結構小説なんかにもあったりして。
肉体を失って魂だけが残った存在っていうのがまあ一般的な解釈?ですが、もっとシステマチックに考えるのが結構好きだったり。
何もない場所について、それっぽい怪談を聞かせると霊の目撃談が出るようになったっていうイギリスの実験結果見ると、「人間が思い込みで生み出すもの」と解釈できますかね。
大抵の場合はこのパターンなので、2chで見た「霊が出るという現象が先にあって、事実とは異なる理由が後付けで作られていく」例は珍しいなーと思ったものです。

読んだことあるものの中で面白かったのは、

  • 「この世界の法則の中でしか存在できないもの。つまり霊は微妙に違う異世界に迷い込んだら生きてる人間の比じゃなく混乱して存在消滅の危機
  • 怪談を媒体として現実世界を侵食しようとする異界の存在
  • この世に並行して存在する異世界の存在。彼らは彼らの世界で普通に生活しており、そっちではこっちの人間が幽霊みたいに見えている
  • 他人(生きている人の)の脳を使ってシミュレートされてる存在。霊は人がいない場所では存在していない

このあたりですかねー。
ファンタジーものでは「魔力生命体」「情報生命体」扱いだったり。幽霊とゴースト系魔物ってどう違うんですかね?

最近ふと思ったのは、「削除し損ねて残っちゃったキャッシュとかバグなんじゃないのかなー」ということ。なんかプロセスで使ってるから削除できませんとかいって、一回再起動しないと削除できない変なファイルとか、変な名前つけたせいで削除できなくなっちゃったファイルとかあるんですよね。