読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

「まおゆう 魔王勇者」アニメ感想

原作既読。なので、ネタバレにならない範囲で感想を書きたいと思います。

事前に公式サイトをチェックしてたんですが、キャラクターデザインが好みだったのでかなり期待していました。1話ということでさすがに作画も綺麗。駄肉魔王さまのおっぱいがゆれるゆれる。
アニメオリジナルのアイテム、映像を空間に投影するカンテラはいい演出だったと思います。今後もちょいちょい役に立つシーンがあるかな?
作品の性質上どうしても説明が多くなるので、それを視覚的に見せられるというのは映像媒体の利点ですね。言葉で言われるより直感的にわかりやすい。
あとは、ファンタジーの世界がベースですので戦闘シーンや集団戦のシーンなんかも楽しみ。
やっぱりアニメで映えるのは戦闘シーンですからね。魔法や勇者というバランスブレイカー要素もありますが、経済を扱う以上戦争についてはシビアにならざるをえないと思うので、リアルな戦争シーンをやってくれるんじゃないかと期待してます。
2クールやるようですが、かなり駆け足になるんじゃないかなぁ。
個人的には1年くらいかけてNHKでじっくりやってくれたら良かったんですが。
作者の別作品はNHKでやるみたいですね。こっちも楽しみ。

まおゆう原作は本が出てますが、まとめサイトで全文読めます。
もともと2chでタイトルだけ書いて立て逃げされたスレを引き継ぐ形で連載がはじまって、まとめサイトができて、それを見た出版社の人が作者に声をかけた、というかなり特殊な経緯がありますので。
web版との違いは、誤字脱字などの修正がされていることと、補足説明が追加されている点です。
本文は戯曲形式、つまり会話だけで書かれている上、結構な分量があります(分厚い単行本5冊分…)
新規で入る方には漫画版のほうがとっつきやすいかと。
複数連載されてますが、個人的には石田あきらさんverが漫画としてこなれた感じがあって読みやすいと思います。

追記

「自分が正義だと信じている人は簡単に説得なんかできない。勇者みたいな人は稀」という意見を見たので、それについて。
これってネタバレになっちゃうかな?と思ったので文字をちょっと薄めにしときます。

もちろん原作と比べて勇者の説得シーンは大幅にカットされているわけですが(アニメではあっさり魔王の話を受け入れたように見えますが、原作だともうちょっと粘ります)
1話で勇者は大義として「正義の為に魔王を倒す」と言ってはいますが、実際のところは、正義とかあまり思ってないと解釈してます。
戦意高揚のための演説をやったこともありますが、おっぱいに釣られて(商人に騙されて)引き受けたようなものですしね。

というのも、1話でちらっとだけ勇者の子供時代姿が出ましたが、一人で何千人もの軍隊に匹敵する強さを持つ「勇者」という特異な存在であるがゆえに、表向きは持ち上げられ、その実、裏では忌み嫌われ厄介者扱いされる。
そんなのを子供の頃に見てしまっているわけです。
だけど勇者は優しい子だから人間に絶望して敵に回ることはなかったし、人が好きで、人に好かれたいという思いがかなり強いんですね。
勇者として魔王を倒すことで、みんなが喜んでくれるから。
同時に彼は、「魔王を倒した勇者パーティー」という英雄はいずれ厄介者扱いされ、自らは強すぎるがゆえに都合が悪くなったら化け物扱いされることがわかっています。
だから仲間を置いて単身魔王のもとに向かったし、魔王と相打ちになる覚悟もあったんじゃないかな

説明されたら結構あっさり魔王の話に乗った、っていうのはそういう背景があるから。
…だと思います。はい。

それに、「本気で自分たちを正義だと信じてる狂信者」は後半でメインに出てくるのでw

魔王を倒した英雄は、厄介者扱いされ、最後にはその強さ故に忌み嫌われて居場所を追われる。
そうなる前に人間の前から姿を消してしまった英雄も、フィクションの世界を見ると結構いるよねって。
ダイの大冒険のラストでも、大魔王バーンがダイに問いかけてましたもんね。
そういえば、まおゆうもダイの大冒険も、ベースはドラクエなんですよねぇ。

しかし、勇者の子供時代の話はアニメ化に際してカットされそうな気が…ううっ(´;ω;`)ブワッ