読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

近い将来の予言まとめ

地震と直接的な関係はないんだけど、2chに書き込まれた「ばあちゃんの予言」というのがちょっとした話題になってるようなので転載。
大災害が起こるとか、人類滅亡みたいな予言はよく話題になるけど、いい方向に行くよみたいな予言はめったに話題にならないし珍しいので、ちょっと興味を持ちました。予言とか話題になるってことは、みんな不安なんだろうなあ。
ついでに、その他の有名な予言もまとめてみました。見比べてみたら面白いかなーと思ったので。
シュタゲのノベライズ読んだらアニメがすごく楽しみだったせいです。すいません。
一口に予言といっても
「戦争が起きる」「核戦争で世界が滅亡する」「日本が洪水で壊滅する」
なんかはいかにもありそうだしいくらでも言えることなんで、よくあるテンプレだなーと思うくらいなんですよw 核の脅威は実際にあるし、日本は地震が多い国で地震はいつ来るか予測不可能だけれどいつかは必ず来る、そして地震がくるならそれに伴う洪水も絶対いつかはあるわけですから。
こういうのは予言ではなく、誰にでも当てはまることを尤もらしく言うことで当たってる!と錯覚させる占いと大して変わらないんじゃないかなと。
そういうの含めた上で、与太話としてご覧くださいな。

■ばあちゃんの予言
631 :本当にあった怖い名無し :2010/12/11(土) 07:07:42 id:cbZzQTc70 (1 回発言)

俺の隣家のバアちゃんが昔人気を博した占い師だったらしい。
んで昨日、面白い話を聞いた。超人に関することかも知れないので要約して書いてみる。

今年はこれまでの行いが全て結集、結合して表に現れた年。
個人、団体、国を問わず、清算の年になったはず。
今年悪いことがあった人は来年以降更なる覚悟が必要になる。
今年良いことがあった人は来年以降もっと大きな喜びがある。

来年以降はその結果を反映して多くのものが逆転し始める。
少数だったものは少数であればあるほど前に出て
多数だったものは多数であればあるほど後ろに下がる。

そうした中で、社会や時代から抜ける「新たな人々」が増え始める。
それは、お金であるとか、娯楽であるとか、情報などといったもの。
そして彼らは真に必要なものを既に学んでいるか、気付いている。
また、長い間味方も存在しないまま虐げられ続けてきたので本当の強さを持っている。
彼らがお互いに存在を確認し始めた再来年頃に、現代が終わって未来が始まる。

来年、貨幣経済の代わりになるものが生まれ始める。
徐々にそれの有効性が広まっていくが、それは5年後より先の話。

要約すると短いけど、実際は色んな横道(笑)があって長い話だった。
「新たな人々」とやらが超人ぽいなと思う。

648 :本当にあった怖い名無し :2010/12/12(日) 19:02:51 id:DEtMYBCG0 (1 回発言)

>>641
さあ、そこまでは詳しく聞かなかったというか、世間話から今の情勢から昔話になって
自分は昔占い師で、物探しから人の将来までよく当てたよって話になって
じゃあ社会情勢も予言できんじゃね?と冗談で言ったら、少しはわかるよって流れになって聞いた話。

>>642
>愛し愛されていればいいというものではない気がする
現代だとそれが一番難しいんじゃねえかな。つうか無理な気がする。
それに誰からも必要とされてない人が表に出てきて何かするということの方が想像つかない。
それこそ現実味が無い。というわけでバアちゃんの言ってることに整合性はあるなと、今気付いた。

というわけで機会があったらもう少し詳しく聞いてくるよ。

709 :本当にあった怖い名無し :2010/12/18(土) 13:21:16 id:sMFvZUVt0 (5 回発言)
えー、ばあちゃん予言、さっき(午前中)に聞いてきました。メモりながらな(笑)
とりあえず新たな人々の詳しい内訳とばあちゃんの素性と、その他「詳しい」予言を聞いてきました。
来年起こるよーという予言なので、ばあちゃんが本物かどうかの検証に1年で済みます(笑)
また、ここでの顛末やヒトラーの予言のことを話したら興味深々になってました。

つうわけで本題

■ばあちゃんについて
占いは職業じゃない。ただの「よく当たると近所で評判の人」だっただけ。
昔は子供が生まれた家に呼ばれては、その子将来をアドバイスして気をつけるべきことを教えてきた。
一番多かった時で丸一日夜中まで色々な家に呼ばれたことがある。
また、農作業終わって夕飯食べて後片付け後に、家に来た人を順番に占ってた。
占い方は簡単。手を握って目を見るとイメージが湧いてくる。そのイメージを言うだけ。
失くし物を探すのは本当によく当たった。でも自分の事は占えなかった。
息子の一人が離婚することも占えなかった(笑)

■新たな人々について
新たな人々は子供達(ばあちゃんから見た子供なので20代とかの若い世代という意味)。
大人(30代40代)にもごく小数出てくる。そういう人達が子供達を導く役目をする。
特徴は目。ずっと見ていたくなるか、目を逸らしたくなるかのどちらか。とにかく他人を影響する目を持っている。
新たな人々が知っている真に必要なものとは自律。依存しない心、もしくは疑問を持つ健全な心。
彼らがすることは現代からの脱出、自律。これが本当に大きな意味を持つ。
近いうち(5年以内)に彼らによって大人達が築いた社会は破壊される。
認識し合うというのは、直接的なコンタクトを取り始めるということ。

710 :本当にあった怖い名無し :2010/12/18(土) 13:23:32 id:sMFvZUVt0 (5 回発言)
■新しくない(笑)人々はどうなるの?
変化についていけない人は、今まで虐げてきた人と同じ目に合い続ける。因果だね。
身近に信頼できる人(家族や友達)がいない人は本当の孤独に陥ることになる。
幸せな家庭や家族を築いている人たちは、そのままでいられると思うよ。
私ら今までの大人は、社会の舞台から消える運命にある。

暴動?起きないよ。考えること止めてカラダも動かなくなった大人が 体も動いて色々なことを考え続けて悩み続けた若い人らに勝てるわけがない。勝負にならない。

■来年の予言
流行が完全に終わる。無くなる。
日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。
娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れ(たぶん連鎖倒産)ができる。
中東で正義を掲げた紛争が起こるが、その直後に何かの情報が漏れて攻めた側が大批判される。
それが世界戦争へ繋がることはないが、世界のパワーバランスが崩れる契機になる。
金貸し(金融)の完全規制を検討する国が現れて、世界中で議論が沸騰する。
野菜の流通か小麦関連か、日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。
経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。
サッカー南米選手権?よくわからないけど、日本は活躍すると思うよ。

■当たるの?
当たって欲しい?(笑) 何も無いのが一番だよ。でも当たると思うよ。
ただね、当たると思って何もしないのが一番ダメなこと。
より良い明日、より良い心、より良い人生、そういうものを求めた人が結局は残る。

以上です。来年予言は外れたらおしまいなので1年間楽しもう。
あと、ばあちゃん予言もこれでおしまい。ヒトラー予言スレだし、俺も話聞くの疲れたから。


716 :本当にあった怖い名無し :2010/12/18(土) 16:33:09 id:sMFvZUVt0 (5 回発言)

ごめん>>715訂正

自律に関しては「自律?」「いんや“己を律する”の律」

自律に関しては「自立?」「いんや“己を律する”の律」


3 :本当にあった怖い名無し:2011/03/15(火) 21:31:51.16 ID:x4/7FSde0
ああ、立ってたか、良かった。
以前ばあちゃんの予言を投下した人間だけど、その後の顛末投下していいかい?
正直絶対に当たらないと思ってたのであれで放置するつもりだったんだけど
こうまで現実味帯びてくると投下すべきかな?と思ったんで。

8 :本当にあった怖い名無し:2011/03/15(火) 22:17:06.38 ID:x4/7FSde0
でまあ、絶対当たるわけねーだろと思って本当に放置するつもりで
あの後ばあちゃんと顔合わせても特に予言(占い)と関連した話はしなかった。
中東でのデモも「大変なことになってるねー」程度で突っ込んだ話はしなかったんよ。

で、先の地震。俺もばあちゃんも被災した。
地震の時刻には俺ちょうど出勤準備してたところで、地震をやり過ごした後ばあちゃんチに行って安否確認。
男手が必要なことあったら遠慮なく言ってねと声掛けてその場は終わった。会社(工場)は休み。

その後の日本の状況はみんなご存知のとおり。
当然の事ながら俺も青ざめたわな。占い当たってんじゃんと。
そこで、ばあちゃんチに水食糧の備蓄確認しに行った折に
サラっと「占い当たったねえ」と水向けてみた。

「当たったのかもねえ。地震だとは思わなかったけど」
「他の災害ってこと?」
「うーん、災害じゃなくて、混乱してたのだけは見えたから、災害かどうかはわからなかった」
「これからどうなるか、見えてたりする?」
「大丈夫、大丈夫だよ、お子さんとお嫁さん大事にね」
そう言いながらポンポン肩叩かれた。で、その後今までやり取りしたことが以下。


9 :本当にあった怖い名無し:2011/03/15(火) 22:25:13.55 ID:x4/7FSde0
東北は復興するどころか、未来においても世界から賞賛される先端地域になる。
原発がどうなるかはわからないけど、日本は大丈夫。本当に大丈夫。
新しい人達はじっと我慢してる。ひとり静かに怒りを溜め続けてる。
わたしらがやることは、死んだ人達が命を懸けて遺してくれた社会を、辱めないこと。貶めないこと。

しきりに「大丈夫だから、大丈夫」と言ってた。
それと「今のうちに東北に土地買っておけばいいかもね(笑)」と言ってた。
まあこれは冗談だろうが、東北は素晴らしい復興を遂げるらしい。
とまあ、そんな感じ。
メモったわけでも録音したわけでもないんで詳細は書けないけど
主だった点は全部フォローしてると思う。
というわけで残り9ヶ月、どこまで当たるかさすがの俺も気になりだしたけど
東北も日本も大丈夫だってことは信じたいな。

何故かばあちゃんとは関係ないヒトラー予言板に書き込まれたことでも注目を浴びた様子。
んで、ヒトラーの予言というのは以下参照。

ヒトラーの予言
2039年1月25日
そのとき人類には真の究極の状況が起こっている
人類は、地球からいなくなっている(人類以外のものに進化するか、退化してしまっている)
何かの異変か大戦か災害のために、2039年、人類が残らず滅びるという意味ではない。それまでに多くの大難が続けて起こる。1989年から1999年まで、世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。いくつかの国は崩れて燃える。毒気で息絶える街もある。
2000年以後は、それが一層ひどくなる。2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃する。いまの文明は砂漠しか残さない。
しかし人類は滅びず、ドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。

人類の一部はより高度な神に近い『神人(ゴッドメンシュ)』という生物に進化する。
残りの大部分は、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっている。それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、ロボットのような人間を大量に生み出す。
神人も同じ原因から生まれてくる。ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と別方向になるだけである。
その前段階の『超人(ユーベルメンシュ)』たちも、より進化して神人になる場合がある。いずれにせよ、彼らはいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。彼らは団結して地球を支配する。それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。
ロボット人間たちのほうは、それに従って生きるだけだ。戦争も気候も経済も、神人たちによって制御されてしまうので、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、多くのものを与えられる。食物と住居も、職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想さえも与えられる。
ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。
こうして人類は、完全に2つに分かれる。一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。その先もずっと人類はこの状態を続ける。
2089年から2999年にかけて、完全な神々と完全な機械的生物だけの世界が出来上がる。地上には機械的生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになる

色々言ってるんですが、とりあえず未来の部分だけ抜粋して要約しました。
なんかラノベにありそうな設定ですねー。
ヒトラーがオカルトに傾倒してたという話は知ってたんですが、当人も予言を残してたんですねえ。とはいえまだだいぶ先の話なのでなんとも。

■マヤの予言
マヤ文明の暦が2012年で終わっていることから、
暦がない=それ以降の時間がない=世界が2012年で滅亡すると解釈する説。
これは予言というより解釈側の問題ですかね。滅亡するというようなことが書いてあるわけでもなく、こじつけっぽいし。
個人的には、単にめんどくさくなっただけじゃないかと思うんですが。

ジョン・タイターの予言
・2011年、内戦が原因でアメリカ合衆国が解体されるが、翌年にはアメリカ連邦帝国が建国される。
・2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカに核爆弾を投下。核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。
・その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。
・2017年、30億人の死者を出した末に、ロシアの勝利に終わる。
・2020年、アメリカ都市部の敗北により内戦が終わる。ロシアの援助によって、新たな連邦政府が成立する。

アメリカの掲示板に現れた、2036年の未来から来たと名乗る人物が語った未来。近いところだけ抜粋。ジョン・タイターのいう世界線やタイムトラベルの説明からすると、私たちの世界と限りなく近いパラレルワールドの未来から来たことになるので厳密には予言ではないのですが…まあ、扱いとしては予言になるのかな。

中国はまあありそうな話ではありますが、2015年という近い将来にそうなるのであれば、日本が大災害に見舞われたことについて全く言及してないのは不自然な気がするかな。
世界線という概念が出てくるんですが、彼の世界線とこの世界は既に違っているそうなので多少のずれが生じてるとしても、人の行動や何かで日本の震災そのものが回避できるとは思えないし。

ジョン・タイターは、オタク界ではシュタインズ・ゲートというゲームで有名になった感じありますねwシュタゲはタイムリープ物・SFとして普通に面白いのでおすすめ。
ジョン・タイターの説明だと元の時代に戻ろうとしても全く同一の世界に戻るのは非常に困難ということなんで、下手すると同じ時代に同一人物が二人っていうタイムパラドックスが生じてしまうことになるんだけど、シュタゲはその辺「タイムトラベル」ではなく「タイムリープ」を使ってうまく処理してたなあ。

予言云々抜きにしてもSFとしてかなり面白いので興味あるひとは調べてみてください。彼が残していった資料や設定がまとめられてます。「世界線」という言葉はここが初出なのかな?