ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

自分メモ的なパソコンの話 in Linux そのに

ジョニーさんの多重人格化に成功した

Linuxディストリビューションが色々種類あるんですね
というわけで色々試してみました結果、ユーザーが最も多いというUbuntuに決定。

せっかくだから本格的にインストールしてみようの巻。
1CD Linuxは正直実用というより、PCさんの死亡確認とかいざという時のデータ救出にしか使わないような気が。だっていちいちCDが回るの鬱陶しいもんよ…

まずはフリーでパーティション変更ができ、なおかつ既存データが消えなくて済むソフトを捜索。
Windows上から操作できるソフト、Ubuntuなどに最初から入っているソフトが使えます。
パーティションをいじる=HDDのデータ壊れる危険があるからバックアップしとけよ!絶対しとけよ!と方々で散々脅されたので一応バックアップとって。
CドライブとDドライブがもともと分かれていたので、Dドライブに入っていたデータをCドライブに移し、Dドライブを消しました。
更にCドライブの容量を少し減らして、空き容量を30GBほど確保。これだけあれば足りるだろう。