ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

さわらぬ神に祟りなし

ロリポブログ新しくなったんですねー。早速使ってみようかと思ったけれど、ブログ記事移行のツールはこれからのようなので、もうしばらく待ち。

大量にあったブックマークを整理。ごっそりはてなブックマークに登録することにしました。動作が重いのが難だけどPC移行や出先でネット徘徊する時の為に。溜め込みすぎ…!

タグつけられるの便利なんですけど、今度はタグが大量になるという泥沼。タグの階層化とか…そんな機能は見たことないしなぁ…

firefoxの肝は自由に追加できるアドオンだと思うんですが、既に重くてそんなものごてごてつけた日には…本当、IEから乗り換えた意味が分らん。
そして、はてなブックマークはタグで辿っていくとニコ動と同じで延々見続けてしまう…

果てしなく美しい日本 ドナルド・キーン/講談社学術文庫

果てしなく美しい日本 (講談社学術文庫)

果てしなく美しい日本 (講談社学術文庫)

相変らず学術文庫は高い。これ、ヴィレッジヴァンガードで買ったんですが、何故かあそこはこの手の本が専用スペースまでつくって置いてありますね…買う人はどれだけいるんだろう。
ドナルド・キーン氏はこのジャンルではかなり有名な人ですね。優しくも厳しい目で見ており、日本を愛しているんだなと思わせてくれます。情報としてはちょっと古いかも。多少首を傾げるところはありますが、概ね合っていると思います。信仰なんかは日本人自身もよく分っていない部分が多い上、生活や価値観に関してはここ30年くらいでも変化が激しいからなぁ…

補完的に他の本も読むの推奨。例えば徳川や豊臣がキリスト教を厳しく禁じたのは、権威や権力を守るためもあったのでしょうが、キリスト教によって日本人が人身売買されるのを恐れたためでもあるんですよ。


以下ぼやき。
うーん、色々読むんですが唯一神信仰ってどうもよく分らんのよね…
日本では神っていったらそもそもが祟るもので、同じ次元で考えたらいけないってことは分るんですけど。(荒魂/和魂

さわらぬ神に~>逆を言えば触らなければ祟らないってことか?
英語での言い回しは「寝ている犬(ライオン)を起こすな」程度で。
神や魂は祟るものじゃないらしいですからね…祟るのは常に悪魔。
悪魔が祟るって言うのも何か変な気がするけど。祟りって、絶対的正義に対する絶対的悪とか、悪事とはまた違うわけですし…

祟りは示(神をあらわす記号)+出、神の現出そのもののこと。「たたり」が今のように災いを意味するようになったのは後から。
崇めるは山(昔から山=霊の行くところ、もしくは神そのもの)+宗(訓読みで「たっとぶ」尊ぶ、貴ぶ)、高くそびえる山を尊ぶこと。