ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

境界性人格障害について特集やってた。

取材カメラをずーっと追いかけてきたり、薬を何錠飲んだとか本人から連絡が来るっていうのは、ある程度知ってる人間からみると予測の範囲内になる。知識の無い人から見ると突飛なことにみえるけれど、ある程度パターン化しているから予め知っておけばさほど慌てずに済む。
相手を引き止めるために、これから自殺するとか、手首を切ったとかって連絡をする。そうやって、他人がどこまで自分を心配してくれるか試す。一人が不安で、しがみ付くから逆に他人が去って孤立していく。本人も傷つくし、周囲も傷つく。障害を持つ人が悪いわけでも無いし、周囲が悪いわけでもない。
理解すれば解決する問題でもなく、障害なのだから仕方ないのだと分かっている人でも、実際に全力でしがみ付かれたら疲弊してしまうし、自分の生活も覚束なくなる。
「適度な距離を保つ」ことが出来ないんだよね。べったりくっついて、それこそ子供が母親に求めるように、いつでも自分を見てくれていて、どんなに迷惑をかけても自分を否定しなくて、どんなに無茶を言っても受け入れてくれる。でも、そんな相手は現実にはいやしない。
認知度を上げるのも大事だけど、「障害だからしかたない」の部分だけではなあ。そうやって周囲が「頑張って」付き合って、疲弊して去っていくのでは意味が無いんだから。
結局のところは本人が治そうと努力しなければいけないし、周囲だって適度な距離を保って、気長につきあうようにしなくてはいけない。多分、これが意外にめんどくさい。

もし私が自殺するとしても睡眠薬は使わないな…いや、死にたくないけどさ。薬飲んでも死ねません。睡眠薬自殺は、眠るように死ぬんじゃなくてあれ吐瀉物で気道詰まって窒息死するんですからね。ゲロまみれになって死ぬのなんてごめんですよ。
んでね。やっぱり、自分は境界性人格障害だから仕方ないんです、って言い出す輩がいるわけだよ。言われる側は、本当か嘘かなんて分からないわけじゃないですか。
本当に障害に苦しんでいて、克服しようと頑張っている人に対して失礼極まりない(他の病気にも言えること)だと思うのだけれど、専門家にも見分けるのが難しいくらいなのだから、素人には判別は不可能だと思う。
頭の中だけで起こってることって、詐病と本当の病気との区別が究極的には不可能だよな、と思った。
http://joj.jp/joj02.html
境界例について。
下のほうに簡易診断もあります。
私は全然当てはまらなかった。一人楽しすぎるぜ!な人間だもの、当然だ(笑)