ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

読んだ本

QED@河童伝説読んでますよ。相馬野馬追祭ー
それにしてもこのシリーズほぼ全部近くのBO●KOFFで買ってるんですが、誰かが一気売ったのか新品同様で袋とじが開いてなかったりします。読まなかったのか…?

9S読み返しは只今6巻。大人組大活躍!伊達司令超ナイスミドル。ドラマCDのキャストが立木さんとか何の罠ですか。

幻想症候群 西村悠/一迅社文庫

連作短編集、全体的になんかふわふわした感じ。
「幻想症候群」は個人の妄想や夢が現実にはみ出すという奈須きのこのDDDのような症状で、あれほどグロくないけど収録4作のうちの1作だけ妙に猟奇ホラーなので注意。異能者バトルは無い。一応「委員会」という対処のための組織もあるようだけどあんまり出番なくて、もっと地に足がついてない感じの、整合性のある夢の話みたいな。委員会って何の委員会なんだろう。幻想症候群対策委員会?
どっかで見たようなネタばっかりですが、むしろこのお決まり感を味わうために読んでもいいんじゃないかと思う。ただ、印象薄いのですぐ忘れそう…そして置き場所に困る私の中では次回売る本リストの中に既に入ってしまっていて、読み返したいと思うこともなさそう…な。

あとがきの、透き通るような肌の…常に全裸…女……あいつかぁぁァ!(笑)
そりゃそうですよ、体の95%以上水なんだから!
たいていの場合、アレの典型的なモデルとなるのはミズクラゲですよね。間違ってもカツオノエボシなんかじゃない。頭(?)に透けて見える四つの円が花みたいな模様に見えて可愛いからか。でもあれ実は生殖線…

広告を非表示にする