読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

スカイクロラ見てきた

久々に日記らしい日記のような?
スカイクロラ』の映画見に行ってきました。

ところで映画って予告編だけ見るとめちゃくちゃ気になりませんか(そして自分で映画撮りなさいと言われても仕方ないくらいに壮大な妄想を膨らませているので、見ると大体がっかりする)

スカイ・クロラ 映画版

雲の上を飛んでるシーンで紅の豚を思い出したのは内緒だ。

設定だけ残してストーリーをきれいさっぱり忘れてました。だいぶ前ですからね、読んだの。あと続編も買ってません。文庫版出てるんだよねー…
映画そのものは、原作→映画は安易に分かりやすい話にしてしまいがちなんですが、すごく森先生だなあと思ったので原作レイプってほどではなかったと思います。ストーリー完全に忘れてるけど。

ふと思ったんですが、記憶はない(フラッシュバックはしてる?)けど、ノウハウを引き継ぐために同じ人が生まれ変わって何度も…ってことなら、本当にその通りだとしたら引継ぎはどうやってるんでしょう。機体が爆発したり、海に沈んでしまったりして死体を、少なくとも脳を無傷で回収できなかったら無理ですよね。ということは、蓄積は脳以外の部分にしてるってこと?
森先生の別の著作の某あれ方式ならそれも一応可能(そこはつっこんじゃいけないところ?)

トキノがクルツ(フルメタ)の位置だなーと…一人はいるのがお決まりなのか、こういうノリの奴が。

音楽が好きだ。(無関係だがエースコンバットも実はサントラだけ欲しい)
女の子可愛い。クサナギ女史美人。ある種の他人行儀さに萌えている時点で自分終わってるなと思う。ただ声優の演技がなんかイマイチ。プロ使ってくれよ…最近の流行なのか、俳優や芸人が声やってるの多いですよね…

個人的には「女王の百年密室」のアニメ化をやってもらいたかった…!あっちのほうがアニメ向きだと思う。絵柄的にも。

更に全くもってどうでもいい話ですが、大塚さん(声)がね…嫌な大人の役じゃないですか。マ●リックスのエージェント・ス●スがフラッシュバックしましてね…いつ「アンダーソン君」って言い出すのかとヌルヌr…じゃなかった、ドキドキしてしまいました。私の中での大塚さん声イメージは洋画吹き替えです。

押井監督だから期待してたのに、という感想をいくつか目にしましたが、監督の他の作品を見たことないのでなんとも。
戦闘機の交戦シーンはあっても全体的に淡々とした静かな雰囲気なので、普通のアニメ映画らしく眺めてて楽しいど派手な戦闘シーンとか、飽きさせない怒涛の展開とか、愛と勇気と友情の力でラスボスを倒して世界が平和になったり、相棒が「俺、この戦争が終わったら結婚するんだ…」と死亡フラグを立てつつ懐に婚約者の写真を忍ばせていて一命をとりとめたり、戦友の死を乗り越えて少年が一歩大人になったり、主人公が一人が尊い犠牲になって世界が救われ「最後のキルドレ」として英雄的存在になったり、えーと、もう無いか。(参照:馬鹿の一つ覚えの設定・戦争の項)
以上のようなことは全くないので、そういうものを期待して見るとがっかりするかもと思いました。

要するに見終わった後もにょもにょする映画です。
私は嫌いじゃない。
同行者はこんなの違うってずっと怒ってたけど。
延々「原作と違う」って文句言ってるんですもん…森先生ファン!スカイ・クロラ大好き!って人だとそうなるのかなあ。

もう二ヶ月くらい経つのにまだブログで文句言ってる辺り見ると、よほどお気に召さなかったんだろうなあ。
よっぽど原作好きなんだなーって思ってたら、別にファンというわけでもないらしいのでよく分からん。
なんだろう、映画とは関係ないところでちょっともにょもにょ。
そもそもが原作:森先生って時点で合わない人はほんと合わないと思うよ…

難しい話は考え出すと長いのであえてパス。

で、さー。スカイクロラは空が綺麗だったし、音楽が好みだったしすごく森さんな雰囲気は残ってたからまあいいかって思ったんだけど。

断章のグリム8 なでしこ・上 甲田学人/電撃文庫

もう8巻きてたんだ……いつも上・下なのでなんとなく感覚が。今回はまだ大丈夫です。怖さでいったらMissingのほうが怖かった。