読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

祀ること、崇めること、祟るもの。

朝ニュースつけたら丁度黙祷の中継だったので、色々考えてしまいました。
以下徒然と……の前に、注意書きというか何と言うか…

そうでなくても物議を醸す題材ですし、色々と文句のある人もいらっしゃると思います。戦争、A級戦犯という単語が出ただけで思考することすら拒否する人もいる。

その辺りは少し置いておいて。いえ、置いておくにはあまりに関係しすぎる話なのですけれど、「A級戦犯なんて呼ばれてる人は悪い人なんじゃないの?なんでそんな人をを祀ってるの、外国から文句言われるの当然なんじゃない?」っていわれたときに、日本古来からの考え方からみると、こういう考え方もあるよ…とちょっと別の目線を提示するくらいで読んでいただければ幸いです。

念のため先に書いておきますが、私も戦争が起こるのは嫌だし、やむをえない理由(ここで既に反論のある方もいらっしゃるでしょうが)であったとしても、必ずしも戦争が正しいわけではないと思っています。戦争を賛美、神聖視する目的はないですよーという意思表明のために、一応。

ただ、聖戦として自爆テロを起こすと某一神教の信者の思想を理解することはできなくても、馬鹿馬鹿しいと笑い飛ばすことまでは出来ません。そんな感じです。理解はできなくとも、この感覚なら日本人は共有できるんじゃないかと思うのですが…

どうもこの手の話をすると堅苦しくなるなあ。文句を言われることを警戒してしまうからかも。もう少し軽いノリでいこうと思っていたはずなん(話題が話題だし無理か)
以下はちょっとした本を読めば分かる程度の、うろ覚えの知識を元にして考えてるので、あんまりきついツッコミはなしね。


一部の国からなんだかんだいわれる靖国神社
ここはA級戦犯を祀っているということから、けしからんとか日本は戦争を神聖視するのかとか非難轟々なわけですが。
戦犯、つまり悪人とされている人の霊を「祀る」ことに対して抵抗があるんですかね。
非難の原因として、日本の「神様を祀る」と、外国の「神様を祀る(こちらはイコール崇めるになるのかなぁ)」にかなり違いがあるからじゃないかなあと思います。
世界中の宗教を見ると、勝者や強い者、良いことをした聖人君子のような人を神様としてあがめることが多いみたいですね。神にたてついて殺された者は悪魔、つまり悪いものだから退治されて当然。
でも日本の神道は違う。強者に敗れた者や大悪人、強い恨みを抱いて死んだものが丁重に祀られている。勿論、素晴らしい人物だった人が死後神様として祀られたり、権力を持っていた人が権力を使って自分を神様として祀らせたりする場合もありますが。
子供を生んだために死んでしまった母親が安産の神になり、幼くして死んだ子供が子供の守り神になる。飢餓で死んだものが、一生食べ物に困らない御利益の神様になる。
なんだか逆なんですね。生前に自分ができなかったことをしてあげましょうというコンセプトなのか(笑)身代わり、という考え方なのかも。

んー、でもやっぱり昔の神は悪霊や怨霊、祟り神が多いのかな。
その辺は多分外国人に理解をしてもらうのは容易ではないんだろうな。神=善いもの、強いもの、正しいもの、めぐみを齎してくれるもの……をあがめるために祀るのではなく、非業の死を遂げたもの、放っておくと暴れだす悪いもの、強い恨みを抱いて死んだ霊を鎮めるために、神様として祀るっていう考え方は。

欧米は自然を征服する文化。日本は自然と共存する文化。…という話を聞いたことがあります。悪いものは徹底的に「退治する」のが欧米。恐ろしいものの親玉を祀って、暴れないように「お願い」する…交換条件で味方に引き込むのが日本。
崇める、祟る。この2つの字が似てるのは偶然じゃないんです。祟りとは神聖の表出のことで、神様の穏やかな面と荒ぶっている面は表裏一体だから。
こういう信仰は自然が豊かな日本だから生まれたんでしょう。ものすごい恵みをもたらすと同時に、甚大な災害ももたらす。ひたすら厳しい国土をもつ国ではこうは行かない。

日本の神は、善の一面だけを持っているわけでもない。というか、善でも悪でも光でも闇でもない。神様だから正しいわけではなく、正しいから神様として祀られている訳でもない。

やっぱり、理解してもらうのは難しいかな。
例えば、菅原道真なんかは今でこそ学問の神様だけど、平安時代の人からしてみれば怨霊も怨霊、超級の祟り神だった。有名ですよね、悪霊や怨霊がうじゃうじゃいた当時の京都。だからこそ陰陽師なんて話が出るわけで…

菅原道真が恐れられた理由は、恨みを残して死んだから。
放っておくと禍を齎す。よほど恐れられていたんでしょうね、丁重にお祀りしますから、どうか禍を起こさないでくださいとお願いしたわけです。道真とタメをはるような早良親王なんていう怨霊もいましたね。こっちは、恐れられすぎて長岡から平安京に遷都しちゃうくらいです。余程恐れられていたんですねぇ…

菅原道真を「悪霊を祀るなんてとんでもない!」って非難する人はいませんよね。
だったら、戦争を引き起こした(とされる)人たちが神様として祀られたって何の不思議はないような気がします。昔は怨霊なんて非科学的なものを信じていたけど、今は違う?

…そういうものでしょうか…私は、違うのは日本の人たちも本来の意味を忘れてしまったことと、日本の思想を何も理解しない外国が口を出してくるようになったこと、だと思います。
ま、恐らくは、勝った方、生き残ったほうが霊を本当に恐れていたからこういう考え方が出来たんだしょうけどね…戦争で勝ったのは日本ではなく外国、とすると外国が霊を恐れないのであれば祀ることは無意味なのかもしれません、が。

A級戦犯がこれまでの日本の神同様に「祟る」と考えるなら、祀ることは鎮めるために必要な行為であり、何もおかしくはないと思う。
「怨念の強い霊」を鎮めるために「きちんと祀る」こと、ね。
今では日本人自身もそんなこと忘れているのだし、外国にうるさく言われるのは嫌だから分祀でもなんでもすればいいだろうと思う人もいるかもしれないけど…適当に分祀とかいわないで欲しい。
いやな思いをする人もいるかもしれないし、やはりA級戦犯を祀るなんてとんでもないと考える人もいるだろう。

でも、日本には昔からこういう考え方もあるってことも知っておいて貰いたいし、
日本人が、あの戦争は全て正しかったと思っているわけではないってことも、外国の人に知ってもらいたい。
いつの世も、勝者の理屈が通るのだな……
なんだか感慨にふけってしまう。記紀でも読み返してみるか…
まさに、勝者に都合の良い歴史。

日本式の神様は善でも悪でもない、時には守ってくれるし、時には災いを引き起こし人々を苦しめる。だから祀って、災いを起こさないようにお願いするんじゃないですか。強い恨みを残して死んだ霊であればあるだけ強い力を持っていて、丁重に祀れば強い守り神となるけれど、そうしなければ災いを引き起こす。これはもう昔から日本にある考え方。
こういうのはきちんと説明すればある程度理解してもらえるんじゃないかと思うんだけど…そういう宣伝をしないことと、元から聞く耳持たない人たちも大勢いるからややこしいんだろうな。
宗教関係っていうのはそもそもがややこしいもんだと思うけど…


中国韓国の場合は、あまりに日本のマスコミが騒ぎすぎるのも一つの原因じゃないかと思います。こんなに国内で騒がれたら、体面上中国韓国は抗議しないわけにいかないでしょう?

鎮めるために祀っているのだから、もう少し静かにしてあげてくれないかな…と思ってしまいます。戦犯の人たちもそうだけれど、戦犯以外の戦争で亡くなった人たちもあそこには祀られているんだから。