ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

性格バトン

発声練習は常に歌
訛りが聞き取れません…電話だと尚更です…ああ、誰も訛っていない地に行きたい。(そういう自分も訛っている)そだこと言わっちゃってわがんねもんはわがんねんですよ!助けて誉会長!でも会津弁も分かりません!
普段しゃべってる時にやたら噛むのは、元々方言話してたのが標準語しゃべろうとしてるから…だったらやだなあ。でも心当たりがないわけじゃないんですよね…カ行サ行ナ行ラ行とか。かみやすい言葉が、方言になると言いやすいんですよ…

わけが分からなくなってきたところでバトン一気に行ってしまいましょう。
蒼月さん宅のジークさんから、撞賢木とカームをご指名頂きました。
追記にてどうぞ。

【性格バトン】
撞賢木

■自分で思う性格
「んー、興味あるなしで反応の差が大きい…?テンションは低いと思う」

■人に言われること
「実は男疑惑とか、綾瀬を何だと思ってるのかとか…そのくらいか。クールで回してもらったけど、作者には日頃から『あれクールじゃなくてただダルいだけですから!』とか何とか人聞きの悪いことを言われてる(否定はしない)」

■男女関係無く友達の理
「友達がいるって良いことだよ。一人では困難なことも二人ならできるし、嫌なことは半分嬉しいことは二倍って言うじゃないか、ねえ?(゚∀゚)ニヤニヤ」
(((゚Д゚;;))))ガクガク 嫌なことは二倍嬉しいことは半分の間違いでは

■好きな異性の理想は
「私の邪魔をしない人(すごい笑顔)」

■最近言われて嬉しかった事
「本心からの言葉だったらなんでも嬉しい…かな。だから音嶺ちゃんが何か心配してくれるのは、心配かけるのは申し訳ないけれどとても嬉しい。彼女、嘘つかないし。綾瀬の場合は嘘をつかないんじゃなくて、馬鹿正直で嘘が丸見えなだけだから(゚∀゚)ニヤニヤ」
(((゚Д゚;;))))

■バトンの送り主の顔は見た事有る?
「ある。ジーク氏とはいつだったか、決闘倶楽部で共演させて頂いた記憶があるなあ。え?ああ、ハリー・●ッターの制服コスプレで。

■送り主の印象は?
メガネの一言に尽きる。
 …というのは冗談で。
 会話が楽しいお兄さんという印象。クラスに一人、もしくは親戚に一人欲しい」

(思い浮かんだ人に適当にどうぞ)
「次の人は指名なんてしてくれないだろうから、ここで回してしまいます。苦情は私ではなく作者のほうにどうぞ。既に大分回っているようだし、答えるのが面倒な方は見なかったことにしてください」

・クール!→「らいむさん宅の美守さん。それにしても藤里は美守さん好きだね…何かというと彼女指名の気が」
・残酷!→
・可愛い!→
・癒し!→ 「蒼月さんにリターンでレオンくん。彼が可哀想な目に遭っているのを見るだけで…(笑)綾瀬と似た空気を感じる。」
・格好いい!→
・面白い!→
・大人!→「年齢の割に、という意味で紅葉月さん宅の冬雪くん。ちなみに藤里は東京の中高生が怖いらしい。そのうち小学生も怖いなんて言いだすんじゃないか?」
・子供!→

「以上。残りはやってみたい方各自セルフでお持ち帰りください。
 自重はしないことをお薦めします。
 …もう一人いるみたいだし、巻き添えを食うまえに帰ります」

カーム

■自分で思う性格
「名前に似合わない性格だとは思うわ。
 ……どうして私がそんな事を答えなくちゃならないの」
(自覚はあるようです)

■人に言われること
「知らないわ、そんなこと」
(この人まともな会話にならん…!)

■男女関係無く友達の理
「そんなことより、さっきから外野がうるさいのだけれど?」
(すみません。友達いない人なのでそっとしておいてあげてください)

■好きな異性の理想は
「…っ!だから、如何して貴方なんかにそれを答えなくちゃならないの!?」
(聞いちゃいけないみたいです)

■最近言われて嬉しかった事
「………」
(なんか睨まれたので、痛い目にあう前に次行きます)

■バトンの送り主の顔は見た事有る?
「無いわ。……無いわよね?」

■送り主の印象は?
「会った事ないもの。…もう帰っても良いかしら」
(勝手に帰らないでください)

以上で二人分終了です。後半戦がもう…!いろいろすみませんでした。
えーと、皆さんお忙しそうなのに空気読まずに回してしまいましたが、スルーOKですので!

広告を非表示にする