読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

晴れた日の林檎

1:神社、いくつもの赤い鳥居、丘の上の祭壇
  晴れた日。行く時は何もいなかった。帰りは、
2:
庭の木に林檎がなっている。
丸くて大きい林檎ではなく、品種改良される前のような小さくて形も歪な、林檎のような実。
本当に林檎かどうかはわからない。けれど、多分みんな林檎だと思っていた。
林檎を盗んでいこうとする奴がいるので困っている。
別に、人にあげるのが嫌だというわけではない。ただ、盗んでいくという行為が嫌なのであって、言ってくれればあげるのに。庭の林檎はそんなに沢山なっているわけではないとはいえダンボール箱1つを一杯にするくらいはあるのだし、そのまま食べてもあまり美味しくないかもしれないけれど、ジャムかパイにでもすればそれなりに美味しいのかもしれない。
晴れた日。
女の子が来た。女の子はすぐに帰った。
次に、男の子が来た。男の子は、妹が病気で、林檎が食べたいと言うから庭の林檎を譲って欲しいという。
別に、そんな理由がなくても、ただ欲しいと言えばあげるのに。
いいよ、と言って庭を見るとさっき来た女の子が林檎を盗んでいた。その女の子は、男の子の妹だった。病気というのは嘘で、男の子が話をして気を引いているうちに林檎を盗むつもりだったらしい。
そんな作り話をしなくても、ただ欲しいと言えばあげるのに。
そんな小細工をしなくても、ただ欲しいと言えばあげたのに。
余計なことをしたお陰で、兄妹は林檎を手に入れそこなった。

広告を非表示にする