読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

秘密組織らしい

約一週間ぶりにそのビルを訪れると、いつもの場所に受付の窓口はなかった。その代わり、社内報や資格講座の案内チラシの中に、手書きの文字をコピーした紙を発見する。掠れかけて読みにくいが、これはわざとそうしてあるのだ。
暗号の一行目に従って、階段を上る。とりあえずの目的地は五階。
本部は表向き普通の会社を装っており、不定期にビル内を移動する。暗号といっても頭の体操レベルで、ちょっとした宝探し気分である。機密保持に役立っているのかどうかはよく分からない。多分、ただの道楽だろう。だから、年に数度はこうして巨大なオフィスビルの中をうろうろするはめになる。不思議なことに、それを不審に思うものはいない。
一度、無関係の人間がここを訪れたらどうするのかと尋ねてみたことがある。アメリカの黒い男のようにピカッとやって記憶を消すのかと思ったら、気付かずに暗号文を見てたどり着いてしまった場合は粗品を渡しつつ笑ってごまかすとのことだった。それ以上の場合は私が催眠術をかけます、と窓口嬢が笑いながら答えてくれた。窓口担当になった者は、全員催眠術を習得することになっているらしい。

広告を非表示にする