読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

変身

夢の記録

彼が夜中に目を覚まして階段を下りてゆくと、階下に見知らぬ女が立っている。
女が何をしにきたのかは分かっている。己を殺しに来たのだ。しかし、不思議と恐怖はない。女に話しかけようと薄暗い階段を下りる。
「何か」を踏んだ拍子に一番下の段で足を滑らせ、仰向けに倒れる瞬間女が声を出さずに笑っているのが見えた。
それから然程時間はたっていない。気付くと夜が明けていた。夢だったのか、それならばなぜこんなところで引っ繰り返っていたのだろう。彼が部屋に戻ってみると、ベッドに横たわっているのは紛れも無く彼自身である。否、少し前まで彼自身として生きていた、首を切られた死体であった。では己は一体何なのか。彼が横の鏡に目をやると、そこに映っていたのは植物と猿を合成したような奇怪な生き物が映っていた。彼は恐怖に駆られた。本当にそれが己の姿なのかも確認せぬままに部屋を飛び出し、暗い廊下を走った。誰に見つかってもいけない。早くどこかに身を隠さなければ。
勢いよく玄関を飛び出し、そのまま塀を乗り越え――普段の彼には不可能なほどに軽々とそれをこなせたことに最早違和感など感じる暇もない――裏の山を目指す。日本の山は優しい。きっと死ぬことはないだろう。植物の根のように長く鋭く捩れた爪は、急な斜面を駆け上ることに役立った。見たことのない生き物に鴉たちが耳障りな啼き声を上げながら襲いかかる。だがそれも、木の密集した場所に到達すると諦めて何処かへ飛び去っていった。それを確認するとまた彼は移動し始めた。既に爪はなくなり、姿もモルモットに似たものに変化している。誰が作ったのものか、石造りの階段を登りながら、彼は考える。もう少し人里にいても違和感のない生物の姿に変化したら、家に帰ってみよう、と。

広告を非表示にする