ぬじろぐ

なるべく配布と低レアで頑張るFGO攻略日記とかその他諸々

映画3本立て

自宅で、友人2人と集まって夜中の映画祭をしました。
ZOOと、コンスタンティンと、ファイナルファンタジーAC(笑)ぶっつづけで見たので少々テンションがおかしくなりました。

ZOO 映画化版

原作小説を読んでいるのだけど、こんな話だっけ?

ファイナルファンタジー アドベントチルドレン

どう見てもギャグ
だめだ…笑いなしに見られない…シリアスな話のはずなのに。今となってはもう、セフィロスの存在自体がギャグなんですよね…

コンスタンティン

漫画が原作ということで、変な面白いことを沢山やらかしてくれました。
この3本の中では一番人に勧められるけど、なんだろう、B級のノリがわかる人限定で。

見てる3人の誰も原作を知らないわけですよ。なんで見ようと思ったのかも分からん。
エクソシスト(本物)のコンスタンティンが大活躍する話らしいのですが、彼はタバコで肺を病んでいて、それでも煙草吸いまくり。自殺未遂のせいで、天国にはいけないとガブリエル様に言われている、と。ふむふむ。キアヌ・リーヴスはまり役ですねこういうの。
ガブリエルはSキャラを全面に出してくるくせに微妙にヘタレな様子はBAROQUEの上級天使を思い出させる。ツッコミどころ満載。
満載なんだけど、俳優さんが中性的な美人なのでなんか全てが許せる。
いいのかって?大事だよ、そういうの。
ただなあ、羽ばさー!からの裸足。裸足でコンスタンティンを踏む。なんだろうな、このへん、一部の特殊な性癖の持ち主を狙ってないか?
サタンは気前がいいただのおっちゃんだし、この人も裸足、白スーツなのに何故に裸足!?とここでも大盛り上がり。
天井からすぅーっと生えてきたと思ったら、いきなり裸足…。口笛吹きながらコンスタンティン引きずったり、神にコンスタンティンを渡すくらいなら、って寿命延ばしてくれたりするんですよ!なんだ、いいひとじゃん。悪魔なのに。
裸足と気前の良さと気軽さによって、このおっちゃんが一番人気でした。
思いっきり「次回に続く!」な最後なのはどうかと思いました。続編が出るんでしょうか。

キリスト教ではないので神と悪魔の対立についてはよくわかりませんが、馬鹿馬鹿しくて面白かった。
これは単純に、神様とサタンとの間でコンスタンティンを取り合ってる話だと理解した。満場一致(3人)で可決。
おたく目線で見なくてもそう見えるのは、全くの一般人である友人もそういっていた事からも明らか。っていうか、彼女が最初にそう言い出した。
ちなみに日本語音声と英語音声(字幕)と同時音声あったのですが…設定の仕方がよくわからなくて、冒頭部分だけ何度も見る羽目になってしまいました。
それぞれ、かなり違うことを言ってるんですね。英語がわかればなぁ。
煙草の吸いすぎには注意しましょう、というのが真のテーマのような気がします。
深いことを考えずに、仲間で騒ぎながら楽しむのに丁度いい映画でした。