ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

氷河期

この夢を見て、目が覚めたら体の上から布団が消失してました。寒かったんでしょうかね・・・
知らない女の子を迎えに、長い長い階段を下りて地下鉄の駅へ行った。ホームに着いた時、地下鉄のはずなのに外が見える。そろそろ電車が来るはずだが、全くその気配が無い。他の客も大勢待っている。暫くして、向こうから何かが来た。やっと電車が来たのかと思ったけれど違った。反対方向。反対方向からなにかとんでもないものが来る。全てを凍りつかせながら、電車と同じくらいのスピードで此方に向かってくる。周囲の人たちは全く気付いていないらしく、電車が来ないことに文句を良いながら待ち続けている。私はすぐさまホームから逃げ出す。長い長い階段を駆け上がり、半分くらいまで上った辺りでホームにいた人たちもようやく気付いたらしい。悲鳴が聞こえ、何人かはこちらに逃げてくる。逃げてこられなかった人たちがどうなったかなんて、知れたこと。私は逃げる。階段の踊り場に足がかかったときに、いきなり視界が逆さまになった。多分、後ろからの突風に吹き飛ばされたのだろう。もう一つ階段を上れば地上だが、ここから見える外は、もしかしたら今自分がいる場所よりも危険かもしれないと感じた。

その後はどうなったのか知らないけれど、私は6畳ほどの板張りの部屋に一人で住んでいる。地下なので窓は無い。照明らしいものも見当たらないのだが、どういう仕組みだかいつも適度に明るい。部屋の中に私の所有物はあまりなく、ベッドが置いてあるくらい。ただ、さっき起きて部屋の中を見回したら、床には何故か布団が散乱していて、その中に紛れて布に包まれた大きいものが転がっている。おおかた、また私が寝ている間に誰かが死体を放り込んでいったんだろう。これまでも何度かあった。私の部屋からドアを隔てて続いている隣部屋には死体が沢山置いてあるのだけれど、その部屋には廊下から続く別のドアからも行ける。わざわざ私の部屋を経由する理由は無い。要は、ただの嫌がらせだった。多分、私だけが一人部屋を割り当てられていることに対する不満とか、そういう理由なんだろうけれど。
廊下に出るとエレベータがあって、これで地上に出られるらしい。しかし、外に出ようとする人はそういない。外に出れば命の保障は無いからだ。

広告を非表示にする