読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

文化祭と車と狐

夢の記録

なんだかまたひどい夢を見たので忘れないうちにメモ

文化祭の準備をしているらしい。
夕方もうすこしで夜になるというくらいの薄暗い、でもぼんやりと明るい中3人で小さくて丸っこい車に乗って買い出しに行って、一人が途中で帰ってしまったのでもう一人が私に運転しろ運転しろという。学校は駅の向こうのほうで、駅の前辺りは車線が入り組んでいる上混んでいるので正直自信がない。行きたくない。
結局車を運転して学校へ戻るのは諦めて、車を担いで公園を突っ切って帰ることにする。車は3人が乗れるくらい大きかったはずなのに降りてみれば小さくて、空気で膨らませるビニルの風船のようで、簡単に持ち上げることができた。感触も似ている。
公園はビルとビルとの隙間に作られていて横幅が狭く、芝生も植木も遊具も何にも無く、地面は土がむき出しだった。雨でも降った後みたいに柔らかく湿った土で、でも養分のある黒い土ではなく、どちらかというと黄色に近。それがずっと向こう側に続いている。公園というよりも単なる舗装されていない通路のようにみえる。そこを一緒にいた人は先にどんどん行ってしまうので、ビニルでなんだかふわふわしている車を左肩にひっかけるようにして持ち上げたままついていく。
なんだかじゅうたんの上を歩いているような感じがする。土がやわらかいせいかと思って足元を見たら違った。
黄色に見えたのは土のせいだけではなく、狐の死骸のせいだった。
それも、子狐の死骸ばかりがびっしりと。どういうわけか腐っているふうにもみえないし、死骸の瞳は真っ黒で、本当は生きてこちらを見ているようにすら錯覚させられる。けれど、それは形状からして明らかに死んでいて、黄色い土に塗れながら何千、何万とも知れない数の死骸が折り重なり積み重なり細長い公園を埋め尽くしている。

広告を非表示にする