ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

中途半端

前にも同じ夢を見たことある気がするんだけどなぁ…
あ、でも夢の中でそう思っただけで、やっぱり起きてみたら過去にそんな夢を見た記憶は無い。
白くて四角っぽい建物

国立公園のような広い敷地。大きな建物が立っている広場と広場を繋ぐように小道が作られていて、左右はちょっとした森のようになっている。
何かイベントでもあったのか、それともこの大きな建物に関して常に人が多い場所なのかもしれない。年齢も性別も格好もばらばらの人たちが白い小道を歩いている。途中、何度も急に右半身に力が入らなくなり、バランスを崩して転びそうになる。なんだろうと思って歩いているうちに、周囲の人々がばたばたと倒れていく。
このままこの道を歩いていっても、柵で行き止まり。その先にある建物は、今日は閉館日だから。道を塞ぐ高い柵を見た私は仕方なく引き返すことになり、その途中に道の真ん中で倒れている男に躓いて転びそうになる。その様子を、第三者の目から見た映像のように覚えている。
この先に行っても仕方ない、さっさと本館に戻って報告したほうが得策なのは分かっている。なのに、分かりきった未来を再現するために小道を歩き続ける。精々200メートル程度。時間はかからない。そこに着いた時にはもうまともに立っている人間はおらず、やはり柵も道を塞いでいた。
戻る。その途中、道に倒れていた男に躓いて転びそうになるが踏み止まる。転ばないことは既に知っている。ただ、躓いて転びそうになるということを回避できないだけ。そうして歩いているうちにも、周囲の人たちは次々に倒れていく。毒ガスでもまかれたか、空気感染のウィルス(だとしたら潜伏期間なしの発症率100%ということになるのだろうか)が蔓延してでもいるような光景。もしそうなら致死性でなければいいのだけれど。

文化祭の準備?
クラス(2年2組)廊下の先にある教室

広告を非表示にする