ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

夢のなかの誰かさん

朝起きたら家の中に誰もいなくなっていて、代わりに見知らぬ人の死体が二つ置いてあったら、人はどういう反応を示すだろうか。
片方の死体は布に巻かれてテーブルの前に肘をつくように座らされており、もう片方は天井からぶら下っていた。一見すればその姿は自殺体だが、冷静に見れば他殺体というのは明らかで、人一人ぶらさがるには明らかに過剰と思える程何本も、太い縄が天井とを首とを繋いでいる。さて、どうしたものか。
起きたばかりの寝ぼけた頭で私は考える。ここはやはり警察に連絡するべきであろう。
これは実験なのだ。朝来たら家の中に誰もいなくなっていて、代わりに死体が二つ置いてあったら、私は一体どういう反応を示すだろうか。それを確かめるための実験。
誰がやったかは分かりきっている。彼女だ、彼女しかいない。しかし証拠はない。警察が調べれば証拠など幾らでも出てくるのだろうが、今私の手元に存在するようなものは一つもない。
「この状況だと、もしかしたら警察はあなたがやったんじゃないかって疑うかもしれないよ?」
電話を手に取ると、昨日の彼女の言葉を思い出した。確かに、昨日の彼はそれを恐れて警察に電話するのを躊躇った。
しかし、そんなことは今私の気にしている問題と比べれば実に些細なことでしかない。実際問題、このまま家の中に死体を放って置くのが嫌だというのが一番の理由だ。死体がそこにおいてある事、それ自体は大した問題ではない。
自分で始末するほど面倒なことはない。世の殺人犯たちは、よくもそんな面倒くさいことを自分たちでやるものだ。やらなければならないような事態に自ら嵌りこむものだ。そんな面倒なことは、国家権力にやってもらうに限る。
それに彼女のことだ、私に罪がかかるような工作はしていないに違いない。これは単なる実験で、私を陥れようとする罠ではないのだから。そういう点で、私は彼女を信用していた。彼女は狂ってはいても根性悪ではない。
警察に電話をかけようと110番を押しかけて、電話の前に下がっていた緊急連絡用電話表が目に入り、見ると警察は88番だった。なんだか拍子抜けしながらも8のボタンを押すが、呼び出し音が鳴るだけで一向に出ない。座っていた死体が音も立てずに倒れた。

「彼女」と逃げ出した「彼」が誰なのかは私にも分からん…知らない人だ。というか、私の夢には頻繁に知らない人が登場します。