読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

姑獲鳥の夏みてきた

感想 映画

姑獲鳥の夏(原作:京極夏彦

この前、映画を見てきました。原作は既読なのでストーリーについては割愛。

演出は、舞台みたいな感じで雰囲気がある。特に照明の使い方。

キャストも良かったと思う。すごい、あの長広舌をよくぞここまで。

ただなぁ~どうしても榎木津さんが上田教授に見えて困ります。なんだ、普通の人じゃん…もっと変人っぷりを前面に出してほしい。榎木津さんなんだから。と思ったけど、よくよく考えてみたら1巻には変人アピールポイントがあまりなかった気もするので、次回以降(あるのか?)に期待。そうせなら百器徒然袋のほうを映像化してほしい。あっちのほうが映像化して面白そうというか、ウケると思う。

あとは、京極さん本人が思いっきり出ているのに吹きました。スタッフロールの出演にも堂々と「京極夏彦」の文字…何気に出たがりですよね、あの方も。