ぬじろぐ

メモです。議論やコメントは受け付けておりません。当方オタクの女ですので、唐突に腐ったりします。注意。

夢の記録

視界の端

駐輪場の隅に、高い帽子を被った、全身真っ黒い大きな人が立っている。 道端に頭蓋骨が捨ててある。 バスの座席ナンバーが全て人の名前に摩り替わっている。 暗い夜道に、肉色をした何かが蹲っている。 勿論、そんなものがあるわけは無い。全て、一瞬だけの…

記憶捏造の夢

死にかけの猫を抱いた子が一人 両側を白い壁で挟まれた道を歩く 今日中に戻らなければならないのに、向こうからこちらまでは3時間はかかるし、こちらから向こうに行くのにも同じくらいかかる。 色んな方面から読めとすすめられる「のだめカンタービレ」を既…

夢メモ

あまり筋道立ったストーリーじゃなかったので…タイトルがつけられない。多分、2度寝3度寝したせい。 ・左右対称構造の校舎 ・殺人事件のアリバイとトリック ・銃と花火 ・緑の竜の子 ・コンサートの特別席、椅子の下に潜って居たがる男 ・墜ちる業務用エレベ…

二本立て

実家帰ったときに見た夢ー 2泊した あんまり覚えてないので本当に断片のメモその1 ミイラが一体と、なんだか罰当たりなことにそのミイラの両腕を持って人形のように動かして遊んでる人が一人。 目の前に居るんだが、怖いのでこっちに向けるのはやめて欲しい …

氷河期

この夢を見て、目が覚めたら体の上から布団が消失してました。寒かったんでしょうかね・・・ 知らない女の子を迎えに、長い長い階段を下りて地下鉄の駅へ行った。ホームに着いた時、地下鉄のはずなのに外が見える。そろそろ電車が来るはずだが、全くその気配が…

メイドスパ

の夢を見ました。スパっていってもスパゲッティのスパじゃないよ スパリ○ートハワイアンズのスパだよ(ローカルネタ) 友人と二人で遊びに行く。ビルに入るとそこは10階で、玄関ホールには水槽が沢山飾ってあるが中に見える魚は全部精巧な偽物、立体映像。そ…

お犬様

人間の言葉を喋る大きい犬に、パックに入ったフルーツ(スーパーとかでよく売っているようなもの)をやっている夢を見た。その日は土曜日で、月曜日にまたくると約束までしていた。 どうしても、「犬は喋る」というファンタジーな思考を捨てきれないのだろう…

先輩!妹の形見が

なんか・・・ すごくどうでも良い夢を見た気がするのだけれど一応メモスーパー(衣料品売り場)で先輩(七味唐辛子の瓶)の大事なスパンコール(妹の形見・星型・金色)を探した。とても大変だった。先輩は辛子瓶であるからして勿論喋れないし動けないのだけれ…

文化祭と車と狐

なんだかまたひどい夢を見たので忘れないうちにメモ文化祭の準備をしているらしい。 夕方もうすこしで夜になるというくらいの薄暗い、でもぼんやりと明るい中3人で小さくて丸っこい車に乗って買い出しに行って、一人が途中で帰ってしまったのでもう一人が私…

謎の機関

たまにはいい夢を見てみたいものですねぇ(とかいいつつ良い夢というものがどういうものかは全く想像がつかない)夢の中で大金を手にしたとかでも、目が覚めたらそれは夢にしか過ぎないわけで、逆に空しいだけなのではないかと。まあ、大金を手にするのがそ…

中途半端

前にも同じ夢を見たことある気がするんだけどなぁ… あ、でも夢の中でそう思っただけで、やっぱり起きてみたら過去にそんな夢を見た記憶は無い。 白くて四角っぽい建物 緑 国立公園のような広い敷地。大きな建物が立っている広場と広場を繋ぐように小道が作ら…

ワイヤーアクション並の

もしくはCG補正 久しぶりにアクション映画夢というか、少年漫画の戦闘シーンのような夢を見ました。舞台、雪景色だった。寒かったのか… こういう夢を見るときは、例外なく重力無視の跳躍力を手に入れています。多分FFACくらいのアクションは可能です。実際に…

見るときは続けて見る

なーんかまた中途半端だなぁ… 学校のシステムが変わり、全寮制になったので引っ越すことになった。とはいってもその寮、家賃が安いだけでご飯は出ないらしい。そんなの寮といえるのか。はっきりいって家賃だけの問題なら、多少金がかかっても一人のアパート…

薄闇喫茶店

「あなたには、彼に会ってもらいます」 それがよく知った喫茶店の店員であっても、いきなりそんなことを言われれば誰だって戸惑うはずだ。そのひと ―― ひと?黒い猫の耳がついているっていうのに?―― は一枚の、歪な形をした紙を私に手渡す。 「丁度いい、そ…

夢のなかの誰かさん

朝起きたら家の中に誰もいなくなっていて、代わりに見知らぬ人の死体が二つ置いてあったら、人はどういう反応を示すだろうか。 片方の死体は布に巻かれてテーブルの前に肘をつくように座らされており、もう片方は天井からぶら下っていた。一見すればその姿は…

通勤ラッシュ

朝の通勤ラッシュ時、それなりに混むあう電車の中、二人の女の子が並んでいた。近くの公立高校の制服を着ている。 片方の女の子は蹲ってしまい、顔が上げられずにいる。隣のもう一人の子とは、どうやら仲が良いらしい。 蹲った女の子は、しかし目は閉じてい…

目洗

目が痒い…今はまだいいけれど、花粉症の季節なんかは眼球を取り出して丸ごと水洗いしたいくらいの痒さです。鼻も。人体の一部が取り外して洗浄可能だったらよかったのに。それはともかく、今日見た夢の話。授業中に寝てあまつさえ夢まで見てる時点でダメ学生…

記憶にございません

片方ではそんな記憶はないと分かっているのに、ないはずの記憶が自分の頭の中にあるというのはなかなかどうして怖いものがあります。勝手に脳が作り出しているのでしょうが、それにしてもあんまりだ。あんまりにもあんまりだ。絶対読めない本なのに、読みた…

電車と死神

旅行に行った夢を見た。 電話がなかなか繋がらず、携帯電話は電池切れで、電話部分とメモリ+ディスプレイ部分の電池が別々(しかもニッケル充電電池、単三が2本)といういつの時代の携帯電話だよ!と言いたい代物。 結局連絡がついたのは夜の11時で、次の日…

夢特有の

夢の中特有の走りにくさや、「飛ぶ」というにはあまりにも自由の利かない浮いた状態が、水の中でのことととてもよく似ているのに気づいた。私の場合、夢の中では何故か飛べることが多い。故に、落ちる夢というのはリアルにベッドから落ちる時くらいしか見な…

うつつあめ

>水没するデパート31階、階段から水が流れ落ちていく音が聞こえている。水は膝くらいまでの深さ、階段を見た感じだと、32階からは水が来ていない。上は乾いているだろう。そこで何故か建物の模型のプラモデルを組み立てる人々。商品の陳列棚はあまり見当たら…

感覚だけの夢

極小と極大、小さい頃、寝ている時によく感じていた感覚。大きいのに小さくて、小さいのに大きい感じ。 このくらいの重さだろう、と思って持った針がとてつもなく重かったり、とても大きな重い物が落ちてきて、さぞかし大きな音がするだろうと思ったら羽が地…

どこへいったの

地面は、碁石のような丸くて黒い石。 それに水。浅く、石の上2〜3センチ程度、川の浅瀬と似た感触。 それが地平の果てまで続いている。 人一人いない静かな空間に日本家屋がぽつんと建っていて、壁も障子もない、ただ畳と襖があるだけ。襖には鮮やかなな絵…

放課後のうた

友達とまではいかなくとも、顔見知りが殺されたと知って黙っていられる人間は居ないだろう。世の中にはもしかしたらいるのかもしれないが、少なくとも私は黙っていられない人間で、まあ、そのせいで要らぬ物を見る事になったのだけれど。 その日はこれと言っ…

ラーメン店でのできごと

夕食を食べにラーメン屋に入ったら、外側はラーメン屋だったのに(暖簾もかかっていた)中は明らかにラーメン屋じゃない。何故か顔に沢山落書きをされた人たちが、これだけは唯一ラーメン屋らしいテーブルに座っていて、店に入ってきた私を見ていた。 どうや…

植物園

冷凍庫に保存しておいた、死んだ人の顔(原形をとどめていない物もあったが、学校の友人がある程度修復してくれた。こういうことは得意なのだそうだ)が何枚もお面のように並べて入っている平べったいお菓子の空箱と、本と、その他の学校の荷物を持って実家…